赤ちゃんに湿疹ができると、何の皮膚病なのか受診するべきか迷いますよね。

赤ちゃんの湿疹には、月齢や季節による時期的なものや、感染によるものがあります。

中には、病院で治療が必要の皮膚病もあれば、ホームケアで軽快する湿疹も。

そこで今回は、赤ちゃんの湿疹と皮膚病の症状を一覧にまとめてみましたので、どう対処したらいいのか迷った時に参考にしてみてくださいね。

赤ちゃんの湿疹の症状と原因について

赤ちゃんの湿疹の病名がわかっている場合は、どのようにケアをすればいいか大体検討がつきますが、中には初めての湿疹でどう対処したらいいのか不安になってしまうこともありますよね。

同じ湿疹でも状態や病名によってケア方法や塗り薬が異なるため、ちゃんと病状を知っておくことが大切です。

そこで、症状と部位ごとに病気の症状と原因、さらには赤ちゃんに自宅でしてあげたいホームケア方法を紹介します。

赤ちゃんの湿疹と皮膚病一覧

皮膚病には、どこの部位に湿疹ができやすいなどの特徴があります。

そこで、赤ちゃんの湿疹が体のどこにできたかで、考えられる症状を紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

子供の皮膚トラブルにおすすめのケア方法

ガサガサが強いとき

油分が多く水分蒸発を防ぐことができる、保湿力が高い「保湿クリーム」。乾燥しやすい時期やお肌のガサガサが特に強いときにおすすめです。

他の保湿剤と併用したいとき

塗った後がサラとしているローションは、クリームや軟膏、医薬品とも組み合わせ可能!重ね塗りすることもできる便利なアイテムです。

肌をキレイに洗い流したいとき

子供の敏感な肌には刺激が少ない、肌に優しい無添加石鹸を使用してあげましょう。おすすめの無添加石けんを紹介します。

手軽に全身を保湿したいとき

保湿入浴剤は手軽に全身を保湿してあげることができるアイテム。敏感肌でも使用可能な入浴剤を紹介します。