乾燥ママ

保湿剤であるビーソフテンは、主に乾燥肌のお子さんに処方されます。

また赤ちゃんの乾燥対策のためのスキンケアとして、ママたちから好んで使用されています。

そこで今回はビーソフテンについて紹介します。

ビーソフテンの種類と成分

ヘパリン類似物質の保湿剤「ビーソフテン」は、皮膚を保湿するお薬です。

ビーソフテン以外にも、ヘパリン類似物質製品は他にヒルドイドがあります。

このヘパリンとは、牛や豚の腸から抽出され、ヘパリン類似物質は血行促進作用があり、乾燥肌や皮膚炎などで処方されることがあります。

ビーソフテンの種類と主成分は以下の通りです。

種類 クリーム、ローション
成分 ヘパリン系類似物質

ヘパリン類似物質は、血液が固まるのを防ぐ効果があり、消炎鎮痛時にも処方されるので、痛みや炎症を抑える効果があります。

処方される主な症状

  • 湿疹や皮膚炎
  • 外傷、捻挫の痛み
  • ケロイド
  • 凍瘡、など

ビーソフテンの副作用

使用を中止する目安 熱感、痛み、発疹

ビーソフテンで心配される副作用はあまりないようです。

しかし、血液が固まるのを防ぐ作用があるので、出血しやすい人や血液の病気がある人は注意が必要です。

また、炎症を起こしている患部に塗布すると刺激感や赤みがでることがあるので、使用を控えましょう。

ビーソフテンとヒルドイドの違いとは?

ヘパリン類似物質としてよく使用される保湿剤は他にヒルドイドがありますが、この2つは主成分が同じですが、添加物や基材が違っています。

ビーソフテンには、スプレータイプと油性クリームタイプがあり、状況によって使い分けることができます。中でもビーソフテンローションの方は水に近く、夏場や汗をかきやすい部分に使用することに向いているでしょう。

また、油性クリームは乾燥が強い部分のケアに向いているので、症状によって使い分けましょう。

皮膚の赤みは副作用?ビーソフテンを塗り続けても大丈夫?

上記でも紹介した通り、ビーソフテンの副作用のひとつとして「皮膚の赤み」が挙げられます。

またビーソフテンは血行促進作用があるために、出血性血液疾患の患者には使用することができませんが、血行が良くなった程度の赤みに関しては問題ないということです。

しかし、注意したいことは、皮膚の赤みが繰り返し起こるかという点です。ビーソフテンの注意事項を確認すると、副作用の発症頻度が明確になるという調査は行っていないようですが、あまりにも深刻な赤みが頻繁に起こるというときは、すぐに皮膚科を受診した方がいいでしょう。

ビーソフテンを上手に赤ちゃんに使用する方法

ヘパリン類似物質は肌に浸透しやすく馴染みやすいため、非常に使用しやすい保湿剤のため、適量をとり、やさしく伸ばしてあげましょう。

また、長時間効果が続くので、赤ちゃんに使用する人がとても多いことも特徴のひとつとなります。

こんな症状にお悩みではありませんか?

赤ちゃんの膝の裏が赤い

赤ちゃんの膝の裏が赤くなっているとアトピーの炎症を疑ってしまいますが、原因はそれだけではありません。膝裏の炎症の原因を紹介します。

赤ちゃんの膝の裏が赤い原因と症状

赤ちゃんの耳たぶが赤くなる

耳たぶが赤くカサカサしてしまう理由は主にアレルギーや刺激、炎症などがあります。それぞれの原因を詳しくみていきましょう。

赤ちゃんの耳たぶがかさかさ赤い原因3つ

赤ちゃんが体をよく掻く

体を掻いてしまうとき、肌トラブルが起こる前兆かもしれません。赤ちゃんが痒そうにしていたら気をつけるべきことを紹介します。

赤ちゃんが体を掻くときに心配される6つの病気

赤ちゃんの白い粉の症状と原因について

新生児の頃から白くカサカサしていたことはありませんか?ホームケアで改善していく症状もありますので、ケア方法を詳しくみていきましょう。

赤ちゃんの白い粉の症状と原因について