アトピーの赤ちゃんにおすすめの保湿剤

乾燥ママ

アトピーに悩むお子さんにどんな保湿剤を使えばいいのか迷ったことはありませんか?

アトピー体質の赤ちゃんや子供には、添加物が少なく保湿力の高いスキンケア剤を使いたいものですが、どんな製品を選べばいいのか悩んでしまいますよね。

そこで今回は、アトピーの赤ちゃんにおすすめの保湿剤を紹介します。

アトピーの赤ちゃん使ってあげたい保湿剤

アトピー治療の教科書でもある「日本皮膚科学会アトピー性皮膚炎治療ガイドライン」によると、アトピーは治療と保湿剤を上手に使えば、子供のアトピーは7~14日程度で治まると言われています。

ステロイド外用薬と保湿剤を上手に使い、赤ちゃんのアトピーを軽快させていきましょう。

赤ちゃんのアトピーケアにおすすめの保湿剤

赤ちゃんのアトピーにも使える保湿剤をそれぞれピックアップしてランキング形式にまとめてみました。
アトピーのホームケアのお役に立てれば嬉しいです。

アトピーの炎症がなかなか良くならないときは

アトピーは他の湿疹とは違い治療を続けても、簡単に治らないことがあります。

うちの子も1歳前にできた頬の炎症が治らずに、トレードマークのように湿疹がしばらくポツンと残ったままでした。

これは使用している治療薬や保湿剤が肌に合っていない可能性もありますので、もう少し保湿力の高いものへ買い替えてあげるのもひとつの手です。

少しの間だけ大変かとは思いますが、皮膚科医に相談しながら治療と自宅での保湿ケアを続けてあげてください。

アレルギーをもつ赤ちゃんは保湿剤のパッチテストを

アトピー体質の子はアレルギーを持っていることが多いため、保湿剤の成分が肌に合わないこともあります。

保湿剤を塗った直後に肌が赤くなったり、痒がったりしているときは、使用を中止し皮膚をぬるま湯で洗い流してあげてください。

パッチテストは、製品を使用していてこのようなかぶれの症状がないかどうかを試すテストです。少量の保湿剤を綿棒に含ませ肌に塗り、その上から絆創膏やガーゼを貼り、少し長いですが24~48時間様子をみてください。この間、洗わずにいるとより正確な結果がでます。

48時間後に皮膚が赤みや痒みのような症状を起こしてなければテスト完了です。赤みが出ているようなときは、使用せずに保湿剤の成分をメモし、小児科や皮膚科でアレルギー検査を行ってみましょう。

あつきがおすすめする保湿入浴剤

あつきがアトピーの子と入ったカミツレン

あつきがたくさんの医薬品と市販品を使った結果、子供にずっと使ってあげたいと思った入浴剤は、「カミツレン」です。

カミツレンは、カモミールのみが配合されている天然成分100%の入浴剤です。カモミールには炎症を抑える作用と保湿効果がふくまれているため、肌トラブルに悩む赤ちゃんにおすすめです。

ぜひ、一度肌の炎症に悩む赤ちゃんと一緒に試してみてください。

ページの先頭へ