子供にとって快適な環境作りとエアコンの使い方
困った乾燥ママ

子供にとって快適な環境作りはどうしたらいいのかしら…

子供の肌がトラブルを起こさないための環境はどうやって与えてあげればいいのでしょうか。

室温や季節などが原因によって起こる環境の変化が考えられます。

季節の変わり目に起こる肌の変化や、エアコンの正しい使い方を知っておけば、子供の肌トラブルを減らすことができます。

そこで、乾燥肌にならないために、原因と環境作りについて紹介します。

子供にとって快適な環境作りとエアコンの使い方

かんそう子供が乾燥肌にならないための環境作りを行いましょう。

人は角質層の水分が20%以下になってしまうと、乾燥肌となります。

それは、肌の水分を保っているセラミドが、何らかの原因で失われてしまうと、水分を角質層に留めておくことが困難となるため乾燥肌となり、様々な肌トラブルが起こりやすくなります。

そして、このセラミド成分が生まれつき不足している子供は、環境の変化によって乾燥肌になりやすくなります。

特に子供の皮膚は薄く、乾燥肌になりやすいために、環境の変化には敏感なので、注意が必要です。

冬の暖房が原因で乾燥肌に

乾燥原因暖房暖房を考える季節、涼しくなり始めた頃に、子供の肌の乾燥を少しでも感じたら、ケアを始めましょう。

「冬は少しくらい乾燥して当たり前」と思ってしまうことはありませんか?

気温の低下や暖房などによって起こる湿度の低下は、皮膚の水分を奪うだけでなく、皮脂の分泌量も減少するために、肌が乾燥してしまいます。

また、元々肌に異常を感じていた子供は、冬になるといつもよりも肌の症状が悪化することがあるので注意が必要です。

「少しカサついているかな」と違和感があれば、保湿剤を塗ってあげると深刻な症状を防ぐことができます。

さらに、冬に乾燥肌になりやすい子供は、肌をバリアする機能が低下しやすいために、夏にも肌トラブルを起こしやすくなります。

夏は湿度の下げ過ぎが原因で乾燥肌に

乾燥肌原因エアコンエアコンを使う時は、まずスキンケアをすると肌トラブルをより減らすことができます。

なぜならば、夏場はエアコンや扇風機などで室温を調整することにより、湿度が低下し肌の乾燥が起こります。

さらに、夏場は乾燥肌だけでなく、日焼けや紫外線により肌を守るバリア機能が低下しやすくなるため、あせも(汗疹)やとびひなどの皮膚の炎症も発生の心配も増えるでしょう。

そのため、夏のスキンケアは冬よりも念入りに行うことが重要です。

近年では、エアコンでの室内環境をコントロールすることが当たり前になってきていますが、エアコンを使用することで湿度が低下し、夏でも肌が乾燥気味になってしまいました。

また、外気と室温の差が激しすぎると、乾燥だけでなく、血行も悪くなり、肌に大きな負担をかけてしまいます。

ですが「夏でもエアコン無しで我慢しよう」という根性論が重要ではありません。

しっかりとスキンケアを行い肌のバリア機能を強めることで、快適な生活を続けることができます。

乾燥肌の原因になってしまう環境まとめ

乾燥ママ

室温を変化させるときは、スキンケアをすればいいのね!

子供は大人に比べて皮膚の角質が薄いために、環境の変化に左右されやすく、肌トラブルを起こしやすくなります。

特に、季節の変わり目のケアは重要で、夏から秋にかけて気温が低くなり始めた頃から、子供の肌の乾燥肌ケアを始めましょう。

エアコンを使う時は、まずスキンケアをすると肌トラブルをより減らすことができるため、事前にスキンケアを行うことが大事です。

こんな症状にお悩みではありませんか?

子供の皮膚がブツブツしてきた

子供の柔らかい肌に、細かいブツブツとした色のない鮫肌のような湿疹が出てくることはありませんか?痒みを発生させないためには、普段から皮膚を乾燥させないように心がけましょう。

細かいブツブツとした子供の鮫肌の原因と症状

子供の膝裏が赤くなっている

子供の膝裏が赤くなっていると、アトピーや何かの感染症ではないのかと不安になってしまいますよね。子供の膝裏は皮膚が柔らかく、また擦れやすい部分でもあるので、炎症を起こしやすくなります。

幼児の膝裏が赤い原因はアトピーだけではない理由

こどもの手荒れがひどい

寒くなってくると、お子さんの手がガサガサしたり、あかぎれたりすることはありませんか?皮膚を守っている皮脂という油膜が剥がれてしまい、刺激を受けやすくなっている状態です。

手荒れが起きやすい子供の特徴4つ

皮膚が赤くかぶれてくる

汗やホコリ、衣類など、ある特定の物に触れることで湿疹や腫れを起こすこともあります。接触性皮膚炎は、アレルギータイプのものと非アレルギータイプとに分類されます。

子供の接触性皮膚炎には3つのタイプがある