乾燥ママ

蚊の活動時期は、毎年5~10月と半年以上もあります。しかし子供の肌が腫れてしまった場合、本当に蚊にさされたのか、皮膚炎で腫れてしまったのか見極めが難しいですよね。そこで今回は、子供の肌が虫刺されのように腫れてしまったときの症状の見極め方について紹介します。

子供は蚊に刺されると膿んだように腫れる

子供 蚊子供が蚊に刺されると、膿んだようにプックリとジュクジュク腫れてしまいますよね。

蚊は子供のように体温の高い皮膚を好んで吸血しますので、特に子供は蚊に刺されやすくなります。また子供の肌はバリア機能が未熟なため、少し刺されることで大きく膿んだりかきむしりによりとびひに発症することもあります。

蚊に刺されると蚊の唾液が体内に侵入し、アレルギー反応が起こり痒みや湿疹が発症します。刺される前に、蚊を叩いて潰してしまった場合も、手に蚊の体液が付着し、同様の症状が発症します。

蚊に触れた場合は、蚊の体液を水で洗い流してから、ステロイド系の外用薬で炎症を鎮めましょう。

子供が蚊に刺されたような湿疹を発症した場合の見極め方

また、中には蚊に刺されていないのに、まるで蚊に刺されたかのような湿疹が発症することもあります。

虫に刺されたかのように水ぶくれや痒みが発症する湿疹は以下のものが考えられますので、気になった時は受診しましょう。

症状 虫刺されとの違い
蕁麻疹 大きな水ぶくれが短期間で発症し、強い痒みをもつ。 湿疹が移動するかのように出たり消えたりする。
アトピー性皮膚炎 小さく痒みを持つ湿疹が全身に発症する。 治っても定期的に繰り返す。
水イボ あせものような赤い小さなイボができる。 イボが大きく凹んでくる。痒みよりも痛みがある。
とびひ ジュクジュクした膿んだような湿疹。痒みを持つ。 あっという間に全身に広がってしまう。

蚊はどうやって家に入ってくるの?

蚊に刺されたら蚊は少しの隙間から家の中に侵入してきます。

日中外に干しっぱなしにした洗濯物に紛れ込んだり、網戸と窓枠の冊子の隙間から侵入したりと、「こんなところから?」とつい思ってしまう場所から、蚊は家内に入ってくるのです。そのため蚊の侵入経路を防ぐよりも、蚊の発生場所を探す方が有効的です。

蚊は家の周辺にあるちょっとした水たまりで繁殖していきます。玄関先の鉢植えやペットボトルに貯まった少量の水、マンホールの窪みなど、ごくわずかな流れのない水の中で、どんどん繁殖していくやっかいな虫なのです。

自宅周辺にある水たまりを無くすだけで、蚊の発生数を減らすことができますので、試してみてください。

蚊に有効的な対策は虫除け

虫除けスプレー自宅周辺になる水場をなくすとは言っても、中には家の周辺に池やドブ川があるなど、自分たちの力ではどうにもならない環境の中に暮らしている家庭も多いと思います。また、子供は川や池など水がある場所へ好んでいくため、どんなに大人が気をつけていても子供が虫に刺されてしまうこともあります。

蚊は刺されると腫れてしまうだけでなく、デング熱やジカウイルスなど深刻なウイルスを保持していることもありますので、虫に刺されないために事前ケアを行いましょう。

屋外で遊ばせるときは、虫に刺されないよう長袖長ズボンを履かせるか、虫除けスプレーをかけ肌を守ってあげるだけでも効果を発揮しますよ。

まとめ

大人が蚊にさされた場合は、少々痒くなるだけで済みこともありますが、子供が虫に刺されると膿んで腫れたり、全身に湿疹が広がってしまうこともあります。「たかが蚊」と思わずに、ちゃんとケアをしてあげることが重要です。

対策としては、市販されている虫除けスプレーの効能は良くなってきていますので、一度塗れば数時間は虫に刺されないスプレーも販売されています。また、子供に殺虫成分をかけたくない場合、レモングラスなど虫が嫌う天然成分が配合されているスプレーもありますので、ぜひ試してみてください。

おすすめの虫刺されケア商品を紹介しています

虫刺されにしてあげたいケア
子供虫さされ
虫に刺されたら、まずは患部を清潔にしてあげることが大切です。

お子さんの敏感な肌でもケアできる低刺激の虫除けスプレーを紹介します。

子供の虫刺されケア商品の選び方

子供の頭皮におすすめのケア商品

子供の頭皮は紫外線やエアコンの影響でカサつき、思った以上に荒れています。

フケやかさぶたが気になってきたら、保湿成分入りのソープを使い始めるサインです。

頭皮の乾燥におすすめのケア商品

あせもやかぶれをしっとりケア

紫外線が強くなってくる時期には、乾燥やあせもの症状が出やすくなります。
今からバリア機能を強化すると、冬のトラブルを軽減させることができるため、お風呂あがりには潤い成分を肌に与えましょう。

おすすめの保湿クリーム

あせもやかぶれを防ぐ入浴ケア

夏にお悩みのあせもやかぶれには、肌をサッパリさせる入浴剤がおすすめです。
あせもや虫刺されで弱っている肌を、1日の終わりにしっかり保湿してあげると、サラサラ肌を保てますよ。

夏におすすめのサッパリ入浴剤