乾燥ママ

寒くなってくると、お子さんの手がガサガサしたり、あかぎれたりすることはありませんか?小さい指にバンソウコウをグルグル巻きにしている姿はとても可哀想になりますよね。

わたしも小学生の頃、手荒れが酷く、指先にセロテープを貼っていた経験があります。涙

そこで今回は、手荒れが起きやすい子供の4つの特徴について紹介します。

子供の手荒れの原因は乾燥肌

子供の手が荒れてしまうのは、潤い成分が不足することで起こる乾燥肌が原因です。

手荒れが起こりやすい子の特徴は、元々皮膚の潤い成分が不足しがちな子ですが、特に手が乾燥してしまうのは、工作やお絵描き好きな子・水遊び好きな子・キレイ好きな子・パソコン好きな子など、手作業が好きな子に多い症状です。

皮膚を守っている皮脂という油膜が剥がれてしまい、刺激を受けやすくなっている状態です。特に手のひらは汗が出やすく皮脂が出にくい構造なので、とても乾燥しやすくなっています。

そこで、皮膚の表面に軟膏やクリームで油膜を作り、肌を乾燥から守ってあげる必要があります。

手荒れを起こしやすい子供の特徴4つ

手荒れを起こしやすい子と、あまり手荒れを起こさない子は何が違うのでしょうか。

生まれつき潤い成分が不足しがちな子は、手荒れを起こしやすくなります。その中でも特に、手荒れを起こしやすい子の特徴を4つあげますので、参考にしてみてくださいね。

1.工作やお絵描き好きな子

お子さんは工作好きではありませんか?

お子さんがよく触る紙やダンボールは指先の水分を吸収しやすく、結果手荒れが起きてしまいます。これは子供だけでなく紙製品を扱う仕事の人も同じように、手が荒れやすくなります。

2.水遊び好きな子

水は肌を守る皮脂を流してしまいます。

ママも洗濯や食器洗いなど、水仕事をするとよく手が荒れてしまいますよね。水は手を乾燥させた結果、手荒れを起こしてしまいます。何か特別なことをしなくても、水に触れる機会が多いだけで、簡単に手荒れは起こってしまいます。

3.手を洗いすぎる子

石鹸は汚れを落とすのに効果的ですが、洗いすぎると皮膚に必要な皮脂まで剥がしてしまいます。

風邪予防に手洗いは必要ですが、神経質になって洗いすぎることも良くありません。また水よりもお湯の方が手先の潤い成分を奪い取るため、「お湯だから安心」ということはないので注意しましょう。

4.パソコン好きな子

スマホやパソコン、ゲームなどの電子機器が好きなお子さんも手荒れを起こしやすくなります。

これは、指の摩擦の刺激により指先が荒れてしまうことが原因です。連打や連射、タップやスワイプなどで酷使した指は、摩擦による刺激でバリア機能が低下してしまうのです。

手荒れを予防するには指先をカバーすること

極端な話ですが、手で何も触れなければ手が荒れません。

水や紙、何も触らなければ皮脂が剥がれず、バリア機能も低下することはありませんが、生活する上でそんなわけにはいかないですよね。

そこで、手荒れ予防のために薬や手袋で手をカバーしてあげると簡単に手荒れを予防することができます。

寒い外で遊ぶ時は手袋をはめよう

秋から冬にかけて手荒れが酷くなります。

雪遊びで手荒れしないように外出時は手袋をつけてあげましょう。子供は意外と手袋が好きなので、喜んで手袋をはめてくれると思います。また食器洗いなどのお手伝いをしてくれる子には、キッチン用のビニール製の手袋をしてあげると荒れを防ぐことができます。

ビニールの手袋は、100円ショップなどで購入することができます。

薬や保湿剤で手の平を守ってあげよう

入浴後や外出前には、ワセリン軟膏などのお薬や保湿剤で皮膚を保護してあげましょう。

お化粧好きな女の子は3~4才くらいから自主的に手のクリームをつけてくれます。男の子はちょっと面倒臭がり屋さんが多いので、せめてママが入浴後に1回でもてのひらに保湿剤を塗ってあげましょう。

水遊びが大好きな子のために、中には水で流れにくい保湿剤も販売されていますので、お子さんに合った保湿剤を見つけてくださいね。

まとめ

手荒れは乾燥肌のひとつ乾燥しやすい子や工作好きな子が手荒れを起こしやすい

手荒れ予防には「手袋」「保湿剤」で対処

手荒れは手袋や保湿剤を使えば簡単に予防することができます。

頑固なガサガサ荒れには、保湿剤を塗った後に手袋をはめるとより高い効果を実感することができますよ。最近の市販品では、水仕事をしても落ちにくい保湿剤も販売されていますので、お子さんの性格に合った保湿剤を見つけてくださいね。

子供の手荒れを改善させたいときは

子供の肌荒れをケアする方法

肌荒れを改善させるために肌のバリア機能をたかめてあげましょう。子供の肌のバリア機能を強化するための保湿剤の選び方を紹介しています。

子供の肌荒れの保湿ケア商品の選び方

子供の頭皮におすすめのケア商品

子供の頭皮は紫外線やエアコンの影響でカサつき、思った以上に荒れています。フケやかさぶたが気になってきたら、保湿成分入りのソープを使い始めるサインです。

頭皮の乾燥におすすめのケア商品

あせもやかぶれをしっとりケア

紫外線が強くなってくる時期には、乾燥やあせもの症状が出やすくなります。
今からバリア機能を強化すると、冬のトラブルを軽減させることができるため、お風呂あがりには潤い成分を肌に与えましょう。

おすすめの保湿クリーム

あせもやかぶれを防ぐ入浴ケア

夏にお悩みのあせもやかぶれには、肌をサッパリさせる入浴剤がおすすめです。
あせもや虫刺されで弱っている肌を、1日の終わりにしっかり保湿してあげると、サラサラ肌を保てますよ。

夏におすすめのサッパリ入浴剤