乾燥ママ

1歳にもなると、赤ちゃんから子供へと成長してくる時期ですね。この頃になると外遊びも覚え、1日3食食べられるようにもなり、赤ちゃんの頃と比べると大人と似たような生活習慣がついてくるようになります。

そんな活発な子供の体に、乳児湿疹の残りカスのような赤みや発疹が残っていることはありませんか?いつまでも治らない肌荒れに心を痛めてしまうこともありました。そこで今回は、1歳の肌荒れと乾燥の原因

1歳の肌荒れの原因はバリア機能の低下

頬や背中、お腹などに赤く痒い湿疹がいつまで経っても治らない、という状況になったことはありませんか。

肌荒れを起こしているということは肌のバリア機能が低下しているために起こります。これは、服の摩擦や湿度の変化、食べ物のカスなど、ちょっとした刺激に過敏になっており、痒みを発症しやすい状態になります。

このバリア機能は、ちょっとしたことですぐに低下してしまうので、毎日ケアを続けてあげる必要があります。

顔の中でも特に頬が乾燥しやすい

露出している顔の部分は気温や湿度の変化、食べ物の刺激をうけやすく、肌荒れを起こしやすくなります。

我が子も「ほっぺただけいつまで経っても治らないのはなぜ?他の部位は何ともないのに、どうしてここだけ?」と悩んだことがあります。乾燥が続くと痒みを生じやすくなり、無意識のうちに掻いてしまうことがあります。

炎症が酷くなってしまうとお薬の副作用も感じやすくなり、しみたり治りが遅くなったりすることもありますので、乾燥が酷くない部位も同時にケアしてあげるといいでしょう。

冬生まれの子供は乾燥肌になりやすい

乾燥が特に強くなる冬に生まれた子供は、肌のバリア機能が低下しがちで乾燥肌になりやすいと言われています。夏場に肌の状態が治りかけても、また冬を迎えるころには乾燥しがちになるのではないでしょうか。

バリア機能を良い状態に保つことがスキンケアのポイントになりますので、1年を通して保湿してあげる習慣をつけると、肌荒れをおこしにくくなります。常に低刺激の石鹸や保湿剤を使う癖をつけておきましょう。

乾燥肌で小児科を受診するタイミング

数日様子をみても赤みや湿疹が治らない、痒みが発症してきた場合は、一度病院を受診すると安心です。

小児科でも大丈夫ですが、皮膚科が近くにある場合はそちらを受診した方がいいでしょう。皮膚科に通院している赤ちゃんも良く見かけますので、不安にならずに足を運んでみてください。

皮膚科に行ったら症状によってはステロイドを処方されることもあると思います。もし強いおくすりに疑問を感じたら、思い切ってお医者さんや看護師さんに悩みを打ち明けてみましょう。事前にママ友や家族から評判のいい病院の情報を聞いておくと、安心してお医者さんに悩みを相談することができます。

通院できる範囲内で評判のいい皮膚科を見つけておくと、後々便利になりますので、今のうちにかかりつけ医を見つけておきましょう。

1歳児の肌荒れに市販薬を使いたいとき

お仕事や家庭の都合で、どうしても受診が難しいときがあると思います。

しかし、皮膚科でお薬を処方してほしくても家庭の事情などで通院できないときは、市販薬で対応してみましょう。最近の市販薬でも1歳児から使用できる保湿剤も販売されていますので、子供の乾燥肌や敏感肌でも使用できる低刺激の製品を選んであげてください。

1歳にもなるとイヤイヤ期にも入り、入浴中やお着替え中も活発で手に負えないこともでてきますよね。なので、ひと手間省けるような手軽なケア製品がおすすめです。

1歳の肌荒れにおすすめの市販品の選び方

発疹後の皮膚炎が不安なときのケア方法

子供が皮膚炎にかかってしまったときは、肌を清潔にすることが大切です。そこで、肌に炎症を起こしているお子さんにおすすめのケア商品の選び方を紹介しています。

子供の皮膚炎におすすめケア商品の選び方

子供の頭皮におすすめのケア商品

子供の頭皮は紫外線やエアコンの影響でカサつき、思った以上に荒れています。フケやかさぶたが気になってきたら、保湿成分入りのソープを使い始めるサインです。

頭皮の乾燥におすすめのケア商品

あせもやかぶれをしっとりケア

紫外線が強くなってくる時期には、乾燥やあせもの症状が出やすくなります。
今からバリア機能を強化すると、冬のトラブルを軽減させることができるため、お風呂あがりには潤い成分を肌に与えましょう。

おすすめの保湿クリーム

あせもやかぶれを防ぐ入浴ケア

夏にお悩みのあせもやかぶれには、肌をサッパリさせる入浴剤がおすすめです。
あせもや虫刺されで弱っている肌を、1日の終わりにしっかり保湿してあげると、サラサラ肌を保てますよ。

夏におすすめのサッパリ入浴剤