乾燥ママ

首はアトピーの症状が出やすい部位のひとつです。

ふとした時に、首のまわりに炎症を見つけたり、たるんだ皮膚を伸ばしてみたときに赤みを見つけると「あれ?どうしたのかな?」と心配になりますよね。

そこで今回は、赤ちゃんのアトピーが首に発症する原因と症状について紹介します。

赤ちゃんのアトピー症状が首に起きやすい原因

赤ちゃんは顔を中心に湿疹が出やすい傾向がありますが、首の皮膚は柔らかく、アトピー性皮膚炎の湿疹やアレルギーの反応が出やすい部分です。

首の皮膚がカサカサ乾燥し、痒みが起きると、赤ちゃんは自分で皮膚をひっかいたりするこがあります。

赤ちゃんの首回りは皮膚がたるんでいるため、お風呂あがりに水分が残っていたり、スタイなどの摩擦により刺激が起きやすかったりするため、皮膚の負担が大きくなり、炎症が起きることも。

このように、首回りがカサカサしてきたり、赤くなってきたりするようなことがあればケアを始めましょう。

赤ちゃんの首のまわりに起きるアトピー予防対策

アトピーの症状が起こる前には「ただれ」「あかみ」「かぶれ」などがあります。

これらの症状を早めに対処すれば、アトピーの炎症を防ぐことができます。そこで、赤ちゃんの首のまわりに起きる湿疹の症状と原因をまとめてみました。

ただれ

首のところが筋がついたように赤く炎症をおこしていることはありませんか?

汗をかいたり入浴後に水分を拭き忘れたりすると、首の皮膚のたるんだ部分が赤くただれることがあります。

このただれは、皮膚の表面が乾燥や摩擦によって、軽く炎症を起こしている状態です。よだれも皮膚がただれる原因になりますので、赤ちゃんの唾液が多くなってきた時期は、放置せずにヨダレを拭き取ってあげましょう。

かぶれ

皮膚が赤くなったり、湿疹が起きたり、水ぶくれが出来たりすることをかぶれと言います。

オムツ交換のときに、おしりが赤くなっていたことはありませんか?このような状態が首にも起こることがあります。

首のかぶれの原因は、汗や衣服の刺激、アレルギーによるものなど様々ですが、赤ちゃんの場合は首回りの通気性を良くし、授乳や離乳食の後には首まわりを軽く拭いてあげることで対策をしていきましょう。

赤み

皮膚の赤みは、ただれと同じように汗やヨダレなどの水分の刺激が原因で起こります。

また赤ちゃんの皮膚が重なっている首まわりは汗を掻きやすいのに、汗腺が未熟で、炎症が起こりやすい部分です。

たまにスタイを外して首回りの通気性を良くし、母乳やミルクが流れてしまわないように、授乳中はガーゼで覆ってあげましょう。

首の後ろ

赤ちゃんは寝ていることが多いため、汗を掻きやすく、首の後ろがかぶれたり、赤くなったりすることがあります。

また、首の後ろの髪の生え際の部分の赤みは生まれたての赤ちゃんが出るウンナ母斑という痣が原因のことも。ウンナ母斑は、成長とともに消えていきますので、ケアをしなくても大丈夫です。

赤ちゃんのアトピーは首だけじゃなく全身に発症してくる

アトピー性皮膚炎の炎症は首のまわりだけでなく、やがて左右対称に全身に増えていきます。

首に湿疹が出来たからといって、不安にならずに、できることから始めてください。

突然発症するように見えますが、時間をかけて症状があらわれてくる疾病です。

発疹が摩擦や乾燥、洋服などの化学製品を原因にしているのに比べて、体質や脂分の多い食事や間違ったスキンケア、ストレス、過労などの生活習慣が問題になっているという特徴が挙げられます。

湿疹と同じ原因としては花粉、ハウスダスト、ダニ、ほこりですから換気をまめにして、寝具を清潔に保つことも大切です。

まとめ

  • 赤ちゃんの首回りは湿疹が出やすい部分
  • ヨダレや汗、授乳後のミルクこぼしがあるときは、拭き取ろう
  • スタイの摩擦や刺激にも注意し、首のまわりは通気性を良くしてあげよう

寝てばかりいた赤ちゃんも離乳食が始まる時期になると、体重が増え、ぽっちゃりすると同時に唾液が多くなってきます。

その分、首の皮膚の刺激も多くなってきますので、食後と入浴後は首のケアに気を使ってあげなければなりません。

おしり拭きは大変便利ですが、アルコール成分が配合されていますので、かぶれている皮膚に使用すると炎症が悪化することがあります。

一番はぬるま湯をひたしたガーゼで皮膚を洗い、保湿剤で肌を保護してあげるとバリア機能が強化され、湿疹がおきにくい肌を育てることができますよ。

赤ちゃんのアトピーをケアするための保湿剤の選び方

赤ちゃんのアトピーを予防したい

赤ちゃんの頃から乾燥がちな肌に潤い成分を与えるスキンケアを続けることで、アトピーの発症の予防にもつながります。赤ちゃんの柔らかい肌におすすめのケア商品の選び方を紹介しています。

赤ちゃんのアトピー保湿ケア商品の選び方

新生児落屑が気になる

新生児の顔やかかと、ひじなどに白いガサガサがが気になることはありませんか?
無理に皮を剥ぐと、出血してしまいますので、赤ちゃん用の保湿剤で、傷付きやすい皮膚を保湿し乾燥から守ってあげましょう。

新生児落屑ケア商品の選び方

あせもの発症を防ぎたい

赤ちゃんのあせもは、酷くなる前にホームケアで治してあげましょう。
意外にも、あせも肌の原因は乾燥によるものなので、保湿ケアをしてあげれば、あせもに強い肌を育ててあげることができます。

赤ちゃんのあせもケアの上手な選び方

かゆみをコントロールしたい

赤ちゃんの乾燥肌を改善させることで、乾燥肌によって発症しているかゆみを緩和させることができます。乾燥しやすい季節だけでなく、気付いたときに保湿してあげる習慣をつけることが重要です。

赤ちゃんのかゆみのケア商品の選び方