乾燥ママ

赤ちゃんに湿疹ができると「アトピーではないのか?」と心配になりますよね。

アトピーは早くから保湿ケアをしてあげることで、発症を予防することができます。

赤ちゃんのアトピーの症状がどんなものなのか、知っておくだけで対策することができますよね。

そこで今回は、赤ちゃんのアトピーの初期症状と原因について紹介します。

赤ちゃんのアトピーの初期症状

赤ちゃんのアトピーによくみられる初期症状は、皮膚が赤く炎症をおこしてしまっていたり、乾燥してカサカサしてしまっていたり、湿疹がでて痒がったりといくつかの症状がでます。

お肌がデリケートな赤ちゃんは、乳児湿疹やかぶれなどといった肌トラブルにもなりやすく、とアトピーの症状との見分け方が難しいのでママも心配ですね。

赤ちゃんがアトピーかどうか気をつけるべき2つのこと

1.アトピーが出る部位

アトピーの初期症状として湿疹や炎症が出やすい場所は、はじめに頭部や顔面といった体の上の方から、耳、耳うら、首といったように、だんだんと下に下がっていきます。

ひじやひざなどの関節の内側部分などの、皮膚が薄くて弱いところには特に出やすく、耳うらなどは、切れてしまうこともあるので痒くてむずがったり、掻きむしってしまう赤ちゃんが多いです。

2.アトピーが発症する時期

赤ちゃんにアトピーの初期症状が出やすい時期は、生後4か月~6か月が経ったくらいのころで、カサカサしたりジュクジュクしている湿疹が2か月以上は続きます。

湿疹は、よくなったり悪くなったりという状態を繰り返していくのが、アトピーの症状の特徴です。

お医者さんで診断がついてくるのも、生後4か月以降なので赤く痒みのある湿疹が出てきたら皮膚科や小児科のお医者さんに診てもらって相談してみましょう。

赤ちゃんがアトピーになってしまう原因

赤ちゃんがアトピーになってしまう原因は、アレルゲンに触れてしまうことにあります。

ダニやハウスダスト、動物の毛などといったものが主なアレルゲンとしてあげられています。

食物アレルギーでも出ることがあるので、母乳を飲んでいる赤ちゃんの場合はママが食べるものを少し見直してあげることも大切になります。

ただ、神経質になり過ぎると、赤ちゃんへのストレスになって、それがアトピーを引き起こす原因になることもあるので、過敏に反応しすぎないように気を付けましょう。

パパやママがアレルギー体質の場合、「アトピー因子」と呼ばれる遺伝的にかゆみを起こしやすい体質の赤ちゃんもいるので、アレルゲンに触れさせないように予防をしてあげましょう。

お肌の乾燥もアトピーの原因になります。赤ちゃんの皮膚は大人の半分しかなく、バリア機能がまだ未熟なので、水分をしっかり保つことができません。

乾燥している肌にはアレルゲンが侵入しやすいので、放置せず対策をしっかりしてあげるようにしましょう。

赤ちゃんのアトピーが発症した場合に気をつけること

アトピーを予防するためには、赤ちゃんのお肌の保湿ケアを新生児からしっかり続けてあげることが大切です。

朝起きてすぐ、外出前、帰宅後、入浴後など1日に3~4回を目安に保湿剤を塗ってあげるようにします。

お風呂で肌の表面をきれいにしてあげたら、やさしくタオルドライをして、5分以内にベビーローションや保湿クリームなどでお肌に蓄えた水分を保ってあげるようにしましょう。

お風呂のお湯の温度は、37~39度くらいを目安にすると、赤ちゃんのお肌への刺激も少なくなります。

赤ちゃんの寝具にはしっかり掃除機をかけたり、室温を15~20℃、湿度を50%くらいに保ってダニの発生しない環境を作ってあげることが大切です。

カーペットもダニやハウスダストの原因になるので、取り外せるものは取り外すといいですね。

赤ちゃんのアトピーをケアするための保湿剤の選び方

赤ちゃんのアトピーを予防したい

赤ちゃんの頃から乾燥がちな肌に潤い成分を与えるスキンケアを続けることで、アトピーの発症の予防にもつながります。赤ちゃんの柔らかい肌におすすめのケア商品の選び方を紹介しています。

赤ちゃんのアトピー保湿ケア商品の選び方

新生児落屑が気になる

新生児の顔やかかと、ひじなどに白いガサガサがが気になることはありませんか?
無理に皮を剥ぐと、出血してしまいますので、赤ちゃん用の保湿剤で、傷付きやすい皮膚を保湿し乾燥から守ってあげましょう。

新生児落屑ケア商品の選び方

あせもの発症を防ぎたい

赤ちゃんのあせもは、酷くなる前にホームケアで治してあげましょう。
意外にも、あせも肌の原因は乾燥によるものなので、保湿ケアをしてあげれば、あせもに強い肌を育ててあげることができます。

赤ちゃんのあせもケアの上手な選び方

かゆみをコントロールしたい

赤ちゃんの乾燥肌を改善させることで、乾燥肌によって発症しているかゆみを緩和させることができます。乾燥しやすい季節だけでなく、気付いたときに保湿してあげる習慣をつけることが重要です。

赤ちゃんのかゆみのケア商品の選び方