乾燥ママ

急な高熱のあと、全身に赤い発疹ができる突発性発疹。発疹が出るころには、熱が下がり「もう外出してもいい頃じゃないのかな?」と悩むママは多いと思います。また発疹がある状態で外出や保育園に行かせても、他のママから嫌がられたりするのではないかと不安にもなりますよね。

そこで今回は、突発性発疹が落ち着いた後の外出のタイミングとケア方法について紹介します。

突発性発疹は熱が下ればいつも通り過ごしてOK

idiopathicrash

突発性発疹は、熱がさがった後に赤く小さな湿疹がポツポツと出てくることが特徴です。

発疹と同時に熱が何度もでることはありません。病院で「突発性発疹」と診断されたのであれば、あとは湿疹が自然に軽快していきます。突発性発疹を発症した多くの赤ちゃんは、熱がさがったらケロリとしていることが多く、発病した赤ちゃんの中には熱はあまり出ないのに、湿疹だけが出るという軽症の子もいるほどです。

突発性発疹と診断されても、湿疹自体を治す特別な薬は処方されません。高熱以外に心配がなければ、過剰に不安になる病気でもないので、安心していつも通り過ごしてくださいね。

発疹後は熱がさがったら保育園に登園OK

突発性発疹保育園突発性発疹を発症した後は自然と軽快していきますので、保育園をお休みしなければいけないという規定はありません。熱が下がり他に異常が見当たらなければ普段通り登園させてあげましょう

保育園によって考え方が違う場合もありますので、判断に迷ったときは先生に電話してみてください。

元気そうであれば、保育園やお友だちのお家など外出しても構いませんが、解熱後は体力が低下しているため、お昼寝をさせたり夜は早く寝かせたりなどしてあげましょう。

感染症だけど突発性発疹が何でうつるかは不明

突発性発疹の原因となるのは、ヒトヘルペスウイルス(HHV)6型や7型など複数のウイルスによる感染です。

保育園に通っている赤ちゃんも、外出の機会がない赤ちゃんも感染することから感染経路はまだわかっていません。親が元々もっているウイルスに感染しているという説もありますが、確証はないため、確実な予防方法はまだわかっていません。

突発性発疹は、90%以上の赤ちゃんが当たり前のように発症する病気であり、多くの場合は深刻な状態にならずに自然回復していきますので、あまり心配せずにゆったりと構えてくださいね。

突発性発疹を発症した赤ちゃんとのホームケア方法

突発性発疹は、自然に軽快していく病気ですが、自宅でどのように向き合っていけばいいのでしょうか。毎日の生活の中で気をつけなければいけないことについて紹介していきます。

突発性発疹のホームケア方法

  1. 高熱中は水分補給

    高熱と汗が出ている場合、赤ちゃんの体内では水分が不足しています。母乳やミルクをこまめに与えてあげましょう。水分補給と同時に何度も滝のように嘔吐するようであれば、脱水症状です。すぐに受診しましょう。

  2. 38.5℃以上なら解熱剤

    熱が高いだけで赤ちゃんの機嫌がいいのであれば必要ありません。しかし、ぐったりして母乳やミルクの飲みが悪いときは解熱剤で楽にしてあげましょう。解熱剤を与えても1~2時間も効かない!というときは、解熱剤を連続して与えずに、再診すると安心です。必要以上に熱を下げ続けると熱性けいれんを起こしてしまうこともあります。

  3. 入浴は熱が下がってから

    発熱時の入浴は赤ちゃんがとっても疲れてしまいます。湯船につかるのは、解熱後赤ちゃんの体力が戻ってからにしてあげましょう。汗をかいて体を洗ってあげたい!という場合は、シャワーか温めたタオルで体を拭いてあげてください。

突発性発疹は不機嫌病とも呼ばれています

突発性発疹から発症する湿疹は、痒みや痛みもないものの、機嫌が悪くなる時があります。母乳やミルクの飲みが少なくなったり夜泣きが頻繁に起こるようであれば、一度受診をしてみると安心です。

突発性発疹は不機嫌病とも呼ばれることもあり、症状は酷くないのに赤ちゃんが泣き止まない!と苦労してしまうママも多いと思います。この不機嫌は湿疹が消えると同時に消失してしまいます。

高熱のため赤ちゃん自身もどうしたらいいのかわからずに、不安でどうしようもなくなっているのです。大変かと思いますが、ママももう1~2日頑張りましょうね。

気づかないうちに3~4才の子供が2回目の突発性発疹を発症

子供が3~4才になったあたりに、2回目の突発性発疹を発症します。実は90%以上の子が2回目も感染していますが、2回目の発症にはあまり気がつかないことも。

その理由は、2回目の突発性発疹は症状が軽く、ママも子供の熱トラブルに慣れてきたということもあり、発症に気がつかないからです。

また突然熱が上がりすぐに下がるため、一部のおばあちゃんたちには「知恵熱」とも呼ばれています。

まとめ

突発性発疹は赤ちゃんが初めて出す高熱でもあり、この発病を乗り越えることでママも赤ちゃんも強くなると言われています。

発病中、赤ちゃんのあまりに不機嫌さにママの心が折れそうになることもあるかとは思いますが、強くなるための修行のひとつだと思い、一緒に乗り越えていきましょうね。

赤ちゃんの湿疹ケアにおすすめの方法

おすすめの保湿クリームが知りたい
おすすめの保湿クリーム
保湿クリームは、油分が多く水分蒸発を防ぐため、保湿力が高いところが特徴です。肌に潤いを与えてあげましょう。

子供の乾燥肌におすすめの保湿クリーム

おすすめのベビーローションが知りたい
about
乾燥が酷いときは、ローションの他にクリームや軟膏、医薬品とも組み合わせて重ね塗りすることもできます。

乾燥肌におすすめのベビーローション

無添加石けんで肌をケアしたい
おすすめの無添加石けん
子供の敏感な肌には刺激が少ない、肌に優しい無添加石鹸を使用してあげましょう。おすすめの無添加石けんを紹介します。

子供の乾燥肌におすすめの無添加石けん

保湿入浴剤で全身をケアしたい
about
保湿入浴剤は手軽に全身を保湿してあげることができます。たくさんの市販品の中からおすすめの入浴剤を紹介します。

子供の乾燥肌におすすめの保湿入浴剤