乾燥ママ

赤ちゃんの耳たぶが赤くなっているとアトピーなのではないかと心配になってしまいますよね。

赤ちゃんの皮膚の炎症は顔や耳に出やすく、赤くなったり耳が切れて見えることもあります。

そこで今回は、赤ちゃんの耳たぶが赤いときに心配される3つの原因について紹介します。

赤ちゃんの耳たぶがかさかさ赤くなる3つの原因

mimikabure

耳の付け根や耳たぶが、赤くかさかさしてくると、見ていて可哀想になりますよね。

赤ちゃんの耳たぶが赤くなったときに考えられるのは、アレルギーや感染症、かぶれによる炎症などです。

耳たぶに炎症が起きてくると、以下のような症状が出ます。

  • 耳たぶが膿んできた
  • 耳たぶが切れてきた
  • 耳たぶにプツプツとした湿疹
  • 耳たぶがジュクジュクただれてきた

新生児期~乳児期の皮膚は薄く、外部の刺激に弱いため、炎症を起こしやすくなります。

特に、耳たぶは汗をかきやすく汚れも溜まってしまいますが、スキンケアを怠りがちな場所でもあるため、トラブルが発症してしまいます。

赤ちゃんの耳たぶの炎症の原因は状況により様々ですが、具体的な原因と症状をみていきましょう。

1・アレルギーによる炎症が原因

アレルギー体質によって発症する代表的な症状のひとつに、耳が切れたようにみえる「耳切れ」という症状があり、これは耳の付け根がジュクジュクしたり、付け根にかさぶたのようなものが出来たりします。

強いかゆみを伴うことが特徴ですが、掻けば掻くほど炎症が酷くなってしまうので、早目に受診し治療してあげましょう

炎症が治ったり再発したりを繰り返すと、アトピー性皮膚炎と診断されることもありますが、早目のケアで軽快していきますので、不安にならないでくださいね。

2・刺激による炎症

帽子や上着、飾りものなど、衣類の脱着で柔らかい耳たぶが傷ついてしまうことがあります。

ボタンやファスナーがついている服を脱がせるときに、金属が耳に当たってしまったかもしれません。冬はファスナータイプのフリースやは織物、帽子などが原因で皮膚が傷ついてしまうことも。

普段来ている服を見直し、飾りつけのないシンプルな服に変えてあげましょう。

 

3かぶれによる炎症

赤ちゃんの唾液や涙、石けんの洗い残しによって、皮膚が赤くかぶれてしまうことがあります。

入浴するときには「耳に水が入ったらどうしよう…」と怖がらずに石けんでしっかり洗ってあげましょう。入浴後は綿棒で耳の奥の水気を吸い取ってあげれば大丈夫です。

また、ホルモンバランスの影響により、皮脂分泌量が変化し、乾燥による炎症を起こしていることも。

産まれたての赤ちゃんの肌質はどちらかと言えば脂性ですが、生後4か月を過ぎるとそれまでの皮脂の多い肌質とは一変し、乾燥しやすくなります。

まとめ

  • 痒みが強かったら受診しよう
  • 普段着ている服にファスナーや飾りがないか確認してみよう
  • お風呂では耳たぶもしっかり洗ってあげよう

耳たぶの赤みやかさつきが気になるときは、まずはしっかりと患部を石けんで洗ってあげることが大切です。

また乾燥が強くなる生後4か月以降は、お風呂あがりには保湿してあげることをおすすめします。

赤ちゃんの耳たぶケア商品の選び方

赤ちゃんの耳たぶの赤み解消方法

赤ちゃん耳たぶ
赤ちゃんの耳たぶは、つい洗い忘れてしまうため、ホコリや垢が汚れが溜まりやすくなります。そこで入念なスキンケアが必要になります。

赤ちゃんの耳たぶの赤みケア商品の選び方

赤ちゃんのかゆみ解消方法

かゆみ
赤ちゃんの皮膚にかゆみが発生していると、夜泣きや不機嫌の原因になることもあります。早目にかゆみをコントロールしてあげましょう。

赤ちゃんのかゆみのケア商品の選び方

おすすめのベビーローションが知りたい

ベビーローション

ローションは水との相性がいいため、お風呂あがりのケアに最適です。医薬品と重ね塗りすることもできます。

乾燥肌におすすめのベビーローション

保湿入浴剤で全身をケアしたい

保湿入浴剤

乾燥が酷いときは、ローションの他にクリームや軟膏、医薬
保湿入浴剤は手軽に全身を保湿してあげることができます。たくさんの市販品の中からおすすめの入浴剤を紹介します。

子供の乾燥肌におすすめの保湿入浴剤