乾燥ママ

赤ちゃんの柔らかい肌にかさぶたがびっしりついていると心配になりますよね。

気になるかさぶたをどうケアしていけばいいのか、迷うことはありませんか?

そこで今回は、赤ちゃんのかさぶたの症状とケア方法について紹介します。

赤ちゃんのかさぶたの症状と原因について

生後まもない時期から赤ちゃんの頭やまゆ毛の中、髪の生え際、頬などに黄色い乾燥したかさぶたのようなものができることがあります。
それらは乳児脂漏性湿疹と呼ばれ、乳児湿疹のひとつで多くの赤ちゃんに見られます。

原因は過剰な皮脂分泌によるものです。赤ちゃんは生後4ヶ月くらいまではママの体内ホルモンの影響を受けて多く皮脂が分泌されます。

また赤ちゃんの肌は未発達なので、毛穴が皮脂や汗などによって詰まってしまいかさぶたのような症状が表れてくるのです。くさい匂いがすることがあるのは、毛穴に皮脂が詰まってしまっているためなのですね。

かさぶたができたときのケア方法

うろこ状になってしまったかさぶたは、爪などで無理に剥がさないようにしましょう。無理にはがすことで傷ついてしまい、そこから雑菌が入り込んでしまうこともあります。

しかしそのままにしておくのは、匂いもあり衛生的には考えものですよね。
症状が軽いものであれば、ホームケアで改善に向かいます。

ここでは優しくオイルでケアする方法と、頭にできたかさぶたをケアしながらシャンプーする方法をご紹介しましょう。

オイルを使ったケア方法

まずベビーオイルやオリーブオイル、ホホバオイルなどを患部にしみこませます。
その後蒸しタオルをしばらく当てておき、かさぶたをふやかしてからベビーソープなどで優しく洗ってあげると剥がれやすくなります。

取りきれなかったかさぶたは、無理に剥がそうとはしないようにしましょう。またかさぶたをはがした後の肌は、馬油やワセリンなどで保湿してあげてくださいね。

シャンプーの仕方

頭皮に優しいベビーシャンプーを使い、泡をしっかりとたてて指の腹でくるくると円をかくように洗ってあげましょう。
爪を立ててゴシゴシと洗うと皮膚が傷ついてしまうことがあるので、優しく洗うことを心がけてあげてくださいね。

洗い終わったら清潔なタオルで水気を吸い上げるように、ぽんぽんと拭いてあげてください。

かさぶたみたいな湿疹はこんな皮膚トラブルと診断されることも

乳児脂漏性湿疹は生後まもなくから症状が出てすぐに治る場合もありますが、治るのに1歳くらいまでかかることもあります。

なかなか乳児脂漏性湿疹が治らないと思っていたら実はアトピー性皮膚炎だった、ということもあるので不安に思ったら皮膚科を受診してもよいでしょう。

まとめ

赤ちゃんの肌にできるかさぶたは多くの場合、経験上多くの場合は乳児脂漏性湿疹です。

このような場合は、オイルを使って優しく取り除いてあげると、軽い症状なら清潔にして保湿を心がけてあげれば大丈夫です。

しかし、かさぶたの下がじゅくじゅくとなっていたり、赤く炎症を起こしてしまったりしたら皮膚科を受診することをおすすめします。

赤ちゃんのつるんとした肌にかさぶたができてしまうと、気になってしまいますよね。

でも、気にしすぎて触ってしまうと、ママの手から雑菌が入り込み悪化してしまうこともありますので、赤ちゃんの様子を観察しながらケアしてあげましょう。

湿疹や皮膚病で悩んだ時のホームケア方法

赤ちゃんのアトピーを予防したい

赤ちゃんの頃から乾燥がちな肌に潤い成分を与えるスキンケアを続けることで、アトピーの発症の予防にもつながります。赤ちゃんの柔らかい肌におすすめのケア商品の選び方を紹介しています。

赤ちゃんのアトピー保湿ケア商品の選び方

新生児落屑が気になる

新生児の顔やかかと、ひじなどに白いガサガサがが気になることはありませんか?
無理に皮を剥ぐと、出血してしまいますので、赤ちゃん用の保湿剤で、傷付きやすい皮膚を保湿し乾燥から守ってあげましょう。

新生児落屑ケア商品の選び方

あせもの発症を防ぎたい

赤ちゃんのあせもは、酷くなる前にホームケアで治してあげましょう。
意外にも、あせも肌の原因は乾燥によるものなので、保湿ケアをしてあげれば、あせもに強い肌を育ててあげることができます。

赤ちゃんのあせもケアの上手な選び方

かゆみをコントロールしたい

赤ちゃんの乾燥肌を改善させることで、乾燥肌によって発症しているかゆみを緩和させることができます。乾燥しやすい季節だけでなく、気付いたときに保湿してあげる習慣をつけることが重要です。

赤ちゃんのかゆみのケア商品の選び方