乳幼児の肌トラブルの症状と原因

乾燥ママ

子供や赤ちゃんは、抵抗力が弱く免疫も強くはないため、様々な皮膚病や炎症を起こしやすくなります。急な肌トラブルが発症してしまうと、どうしていいかわからなくなりますよね。

そこで今回は、乳幼児の肌トラブルの症状と原因についてそれぞれ紹介していきます。

乳幼児の肌トラブルの症状と原因

子供とびひ対策子供は、肌を守るべきバリア機能が未発達なため、思春期まで色々な肌トラブルに悩まされることになります。

また、皮脂の分泌量も一定ではないわりに代謝が高く汗を掻きやすいため、大人に比べてとても肌が荒れやすくなっているのです。

さらに、汗を掻きやすい子供は、どちらかというと脂症のイメージがありますが、実は非常に乾燥しています。

子供の肌が乾燥しやすくなることで、ウイルスが侵入しやすくなり、皮膚の常在菌が悪さを始めるキッカケになってしまいます。

赤ちゃんの肌トラブル症状(新生児~1歳)

babyshisshin「赤ちゃん肌」というと、ツルツルでスベスベの肌をイメージしてしまいますが、実はそうではありません。

特に、生後0~4か月は母体のホルモンの影響により、皮脂の分泌量が多い肌となり、どちらかと言えばベタベタな肌なのです。さらに、5か月以降はホルモンの影響が少なくなり、カサカサの乾燥肌へと変化してしまいます。

離乳食が始まるじきになると、唾液の量が多くなることでよだれかぶれや食べこぼしなどの接触性皮膚炎の心配も出てきます。

このように1歳までの赤ちゃんの肌の変化は著しく、またささいな刺激に敏感になっているのです。そこで、赤ちゃんが起こしやすい肌トラブルの原因と症状、またワクチン接種などについてまとめてみましたので参考にしてください。

赤ちゃんの湿疹と皮膚病の症状一覧

子供の肌トラブル症状(1歳以降)

kodomoshisshin成長した子供は、幼稚園や学校で集団生活をするようになり、様々な感染症を発症する機会が多くなります。

体力がついてくることにより、行動範囲も広がっていく子供は、元気よく外出して色んな病気をもらって帰ってくる…なんてことは、よくある悩みではないでしょうか。

また、以前にかかった皮膚病をまた繰り返し発症している子供もよく見かけることがありますが、肌のバリア機能が強化されていないと同じ皮膚病を繰り返してしまいます。

そこで、子供が起こしやすい肌トラブルの原因と症状、登園や登校についてまとめてみました。

子供の湿疹と皮膚病の症状一覧

乳幼児の肌トラブルの症状と原因まとめ

このように肌が乾燥していると、そこから様々な肌トラブルを発症するキッカケを作ってしまうのです。しかし、正しいスキンケアを行うことで、子供の肌の病気を未然に防ぐことができると言われています。

子供の肌を健康的に育てるためにも、治療後のスキンケアを見直すキッカケになれば幸いです。

子供の皮膚トラブルにおすすめのケア方法