乾燥ママ

ミヨシは水と石けんで作られている、とてもシンプルな製品を販売しています。洗濯用洗剤だけでなくハンドソープやボディーソープも純石けん成分でつくられています。

そこで今回は、ミヨシ洗濯洗剤の無添加成分について紹介します。

ミヨシの無添加ベビーの肌着洗いせっけん

赤ちゃんにつかう洗剤を完全に無添加にしたいのなら、ミヨシの無添加ベビーの肌着洗いせっけんはおすすめです。

このミヨシの無添加ベビーの肌着洗いせっけんの成分は、純石けん分(30%脂肪酸カリウム)という安全な石けん成分で、赤ちゃんの肌に安心して使用できます。香料、防腐剤を一切使用していないため、洗い上がりの香りは普通の石けんのような臭いがします。

また純粋な石けん成分を使用しているため、柔軟剤なしでもふんわりと仕上がり、赤ちゃん用の柔軟剤がなくても大丈夫というママもいます。

ミヨシ洗濯洗剤の気になる成分

ミヨシの洗濯洗剤には、ベビー用と一般用の洗剤の2種類が販売されています。どちらも無添加洗剤として提供されていますが、2つの洗濯洗剤にはどんな違いがあるのかみていきましょう。

ミヨシの無添加ベビーの肌着洗いせっけん

  • 純石けん分(30%脂肪酸カリウム)
  • 626円/800ml
  • 無添加 お肌のための洗濯用液体せっけん

  • 純石けん分(30%脂肪酸カリウム)
  • 756円/1200ml
  • 赤ちゃん用の「ミヨシの無添加ベビーの肌着洗いせっけん」と一般用の「無添加 お肌のための洗濯用液体せっけん」には成分の違いはありませんが、価格に若干の違いがあります。ミヨシの無添加ベビーの肌着洗いせっけんは、片手でしぼれば簡単に軽量できる設計で、赤ちゃんを抱えながらでも洗剤を投入することができます。

    どちらも赤ちゃんに使用できる無添加の製品で、成分を見比べてもほぼ違いはありません。そのため、「ボトルの可愛さだけで選んだ」というママもいるようです。

    まとめ

    ミヨシから販売されている洗濯洗剤は、無添加成分で赤ちゃんの肌にも安心して使用できます。純粋な洗濯洗剤は、柔軟剤がなくても意外とふんわりと仕上がるため、干す前から柔らかさを感じることも。

    柔らかい赤ちゃんの肌には、優しい成分の洗濯洗剤を使い続けてあげると安心です。

    食べ物や哺乳瓶も洗える新しい発想の洗濯洗剤

    dollbody

    新生児に使えるドルチボーレボディウォッシュ

    ドルチボーレボディウォッシュは、衣類だけでなく食器や食物なども洗えるほど優しい成分が配合されています。またお風呂や窓掃除もできるほど洗浄力も期待できるため、1本あれば家中どこでも洗える洗剤として活用できます。