乾燥ママ

無添加・植物性の洗濯用せっけん「arau(アラウ)」。arauは安全と環境への配慮、使いやすさに重点を置いた優しい成分の洗濯洗剤です。しかし洗剤としては、優しいだけじゃなくちゃんと汚れも落ちてほしいですよね。

そこで今回は、arauは赤ちゃんの服の汚れがちゃんと落ちるのかについて紹介します。

arauの純石けん成分は赤ちゃんの服をふんわりと仕上げる

arauarauは赤ちゃんの肌に近い弱酸性の液体で、肌に住んでいる良い細菌を活かしてくれます。主に純石けん成分を使用しており、合成界面活性剤は配合されていません。

肌に優しい成分というと柔軟力がないし、ゴワゴワするのでは?と思われますが、純石けん成分を使用すると逆に洗濯物はゴワゴワしません。

arauは全国のドラッグストアや赤ちゃん本舗でも販売されているメジャーな商品です。arauの中には赤ちゃん用、香り付きようと3つの洗剤が販売されていますが、これらはどのように成分が違うのでしょうか。

3つのarauの成分を比較

arauには主に3つの洗濯洗剤が販売されており、普通の洗濯洗剤の他に赤ちゃん用の「アラウ・ベビー」、ハーブの香りがする「ゼラニウム」があります。この3つの洗剤の成分がどのように違うのか比較してみましょう。

arau成分

  • 30%脂肪酸カリウム

アラウ ベビー

  • 30%脂肪酸カリウム
  • アロエエキス

アラウ ゼラニウム

  • 30%脂肪酸カリウム
  • ローズゼラニウム
  • イランイラン・ライム・ラベンダー

30%脂肪酸カリウムとは界面活性剤が使用されていない純石けん成分です。植物性の成分を利用し、余計な添加物を使用せずに作られた洗濯洗剤なので、お肌を傷つけません。

3つの製品を比較すると主成分は同じですが、香料となるハーブ成分のみが異なります。アラウベビーは洗濯をするママの手荒れを軽減させるために、潤い成分のアロエが配合されています。小さな心遣いが嬉しいですよね。

arauのような赤ちゃん用の洗剤をいつまで使えばいい?

赤ちゃん用の洗剤をいつまでの使い続けるのは手間がかかります。ある程度子供が大きくなったら、大人用の普通の洗剤を使ってまとめて洗いたいですよね。

洗剤は水で流れ落ちるため、すすぎ回数を多くすれば、衣類に洗剤成分が残ることはあまりありません。大人用の洗剤を使う時は、しっかりとすすぎ洗いをしてあげましょう。しかし、柔軟剤成分は衣類に付着しつづけるため、赤ちゃんの肌の状態を診ながら、使用してあげることが大切です。

まとめ

arauは、合成界面活性剤、蛍光剤、漂白剤、合成香料、着色料、保存料が使用されていない無添加石けんで、肌に刺激を与えない洗濯洗剤を探しているあなたにおすすめの商品です。

また赤ちゃんが大きくなり、いつもの洗濯洗剤で衣類を洗いたいときは、すすぎ回数を多くすれば大丈夫です。さらに、洗濯用洗剤と食器用洗剤を兼用できるとても便利な洗剤も販売されていますので、ぜひ参考にしてみてください。

家中どこでも使える万能の無添加洗剤

dollbody

新生児に使えるドルチボーレボディウォッシュ

ドルチボーレボディウォッシュは、衣類だけでなく食器や食物なども洗えるほど優しい成分が配合されています。またお風呂や窓掃除もできるほど洗浄力も期待できるため、1本あれば家中どこでも洗える洗剤として活用できます。