子供の乾燥肌におすすめの保湿クリーム-保湿浸透力の高さを調査

乾燥ママ

子供の乾燥肌を良くするために、安全で効果のある保湿剤を選びたいですよね。

保湿クリームは、油分が多く水分の蒸発を防ぐため、保湿力が高い状態で持続するという特徴があります。また保湿クリームに含まれる保湿剤は、角質層を柔らかくし、ガサガサになった肌に潤いを与えてくれます。

とくに、乾燥がひどい部位や子供が思わず掻いてしまう部位に使うのがいいでしょう。

このページでは、市販で買える子供の乾燥肌におすすめの保湿クリームを紹介しています。

子供の乾燥肌におすすめの保湿クリームランキング

おすすめの保湿クリームをアトピーの子を持つ母親の目線から、ベタつなずに高保湿力がある市販品を集め、以下の3つのポイントで評価しています。

  1. 持続時間(1回の塗布で何時間もつか)
  2. 無添加度(香料着色料、パラベンが入っているか)
  3. 保湿成分(保湿成分が入っているか)

これらの項目を5点満点で点数化しています。ご購入の際にぜひ参考にしてみてくださいね。

子供におすすめの保湿クリームと気になる効果

  1. ファムズベビー

    持続時間 5.0
    無添加度 4.5
    保湿成分 5.0
    価格:2,592円(税込)/容量:85g

     

    • アトピー鮫肌などの炎症に悩んでいる
    • あせもやオムツかぶれ
    • 超敏感肌でカサカサしやすい
    • よだれが多く口回りがかぶれやすい
    ファムズベビー評価の理由

    アトピー症の子供の乾燥肌を治してあげたいと病院に行ったり、いろいろ調べてやっとたどり着いたのが、このファムズベビーでした。

    ファムズベビー母子手帳の副読本にも紹介されていて、産婦人科や病院もおすすめしています。ファムズベビーがつくるバリア層というものが、花粉も含めた刺激物質をブロックして、お肌を清潔に保ち、潤いのある状態にしてくれます。

    ファムズベビーを私の子供に使ったところを画像で紹介しながらレビューしていますので、詳しい使い方など、ぜひ参考にしてみてくださいね。

  2. アトピスマイル

    持続時間 3.0
    無添加度 4.5
    保湿成分 5.0
    価格:2,570円(税込)/容量:25g

    アトピスマイルはこんな子におすすめ

    • アトピーや乾燥肌を繰り返す子
    • 秋~冬にかけてカサカサが気になる子
    • お風呂あがりに痒みが強くなる子
    アトピスマイルの評価の理由

    私がアトピスマイルを使ってみた理由は、ステロイドを使っていないこと、原料がお米というところです。

    アトピスマイルの原料であるお米の成分が、皮膚のうるおい成分を保つ機能を改善させ、体の内側から肌をキレイにしてくれます。

    このアトピスマイルを私の子供に使ったところを画像で紹介しながらレビューしていますので、詳しい使い方など、ぜひ参考にしてみてくださいね。

    アトピスマイルを写真つきで紹介しています

  3. 肌潤糖アトケア

    持続時間 3.0
    無添加度 5.0
    効果 5.0
    価格:2,500円(税込)/容量:25g

     

    • 肌のガサガサが気になる
    • 部分的にケアしたい
    • かぶれやすい
    肌潤糖アトケアの評価の理由

    アトピーの子でも使用できるほど肌に優しい保湿剤です。保湿クリームのように使えますが厳密には保湿クリームではありません。一見ローションのようなのですが、油分が強く皮膚を保護してくれるためクリームの代わりとしても使用できると思いました。

    アトケアを使ってみたところを写真付きで紹介しています

  1. パックスベビー

    パックスベビークリームはコスパも良く、パラベンや香料などの不安になってしまう成分が配合されていないことから安心して使用できると思いました。またグリセリンなどの保湿成分もちゃんと配合されているので、ぜひ使ってみたい保湿クリームです。

    パックスベビーの効果を詳しく

  2. エルバビーバ・ベビーバター

    ヒマワリ種子油、ミツロウ、カカオ脂など、乳幼児にも使用できる安心の天然成分が配合されています。クリームのようなオイルのようなバターは、皮膚の保護力にも優れています。しかし9月下旬の秋冬限定販売のため、欲しい時に購入が難しい点があります。

    ベビーバターの効果を詳しく

  3. ベビーワセリン

    ベビーワセリンの成分は白色ワセリンで、普通の黄色ワセリンよりも純度が高く、低刺激の保湿クリームです。皮膚の保護力が高くドラッグストアで気軽に購入できるので、冬場のカサカサ肌のケアにおすすめです。

    ベビーワセリンの効果を詳しく

  4. ヴァセリン

    ヴァセリンは、水分蒸発を防ぎお肌を保護するピュアスキンジェリーが配合されています。医療用のワセリンと同じで、添加物がほとんど入っていないところが特徴です。保湿というよりは保護成分が強いため、お風呂上りに塗布しにくかったりベタついたりするところもあります。

    ヴァセリンの効果を詳しく

  5. シアバター

    シアバターは、原産国のガーナで昔から新生児の乾燥肌ケア剤として重宝されたきた天然のスキンケアです。シアバターには、肌の働きを正常化させようとする抗酸化作用も含まれており、赤ちゃんの肌トラブルケアにおすすめの保湿剤です。

    シアバターの効果を詳しく

  6. キュレルクリーム

    セラミド類似性物質やユーカリエキスが配合されており、外部の刺激からお肌を守るキュレルクリーム。花王が独自に開発した疑似セラミドは、人間が元々持っている保湿成分セラミドによくにた働きをしてくれます。消炎剤も配合されているため、荒れた皮膚にもおすすめです。

    キュレルクリームの効果を詳しく

  7. エバメールゲルクリーム

    成分の80%が水でできているエバメールクリームは別名「水のクリーム」とも呼ばれています。保湿成分がたくさん配合されていますが、子供にはやや刺激の強い成分もあります。母子で使用する場合は、子供が少し大きくなってから使用した方がいいでしょう。

    エバメールクリームの効果を詳しく

  8. ユースキンSベビー

    薬用ユースキンSベビーは、殺菌効果や抗酸化作用が含まれる成分が配合されており、薬用クリームとして使用されることが多いジェルクリームです。さらっとしてべたつきにくいクリームのため入浴後にも塗布しやすいところが特徴です。

    ユースキンSベビーの効果を詳しく

病院の保湿剤と市販品を使い分けよう

病院で処方される保湿剤と市販品はどちらがいいのか悩んでしまいますよね。

最近ではヒルドイドの効果が話題になり、子供のためではなくママ用として使うために大量に処方してもらっている問題が出てきています。

お子さんの皮膚の状態が本当にひどいときは別として、過剰に処方してもらうことで、真剣に皮膚トラブルに悩んでいるお子さんに負担をかけることに。

もし、あなたのお子さんの症状が軽く、予防として使う場合は、病院の保湿剤と市販品を上手に使い分ける工夫をしてみませんか?

今は市販品でもとても成分の良いものや効果の高いものがたくさん販売されています。

あなたのお子さんに合った商品を見つけてみてください。

保湿クリームはお風呂あがりにしっかりと

お子さんに保湿剤を使うタイミングは、主に乾燥が激しくなるお風呂あがりに使いましょう。

お風呂に入る前に、着替えと一緒に保湿剤を用意し、入浴後に皮膚の水分を拭き取ったらすぐに保湿クリームをつけてあげると、より効果が高まります。

カサつきを抑えてえげることで、冬場に悩みがちなガサガサや掻きむしりを防ぐこともできますよ。

また寒い冬の時期にしっかりと保湿することで、温かくなってきた季節のトラブルにも強くなるので、ぜひ試してみてくださいね。

まとめ

気になった保湿剤が良い製品かどうかを判断するポイントは、肌に塗ったあとの保湿力がどの程度持続するかです。

どんなに良い成分を肌に塗ったとしても、すぐに落ちてしまっては保湿の意味がありませんよね。

保湿剤を塗ったあと、半日経過しても肌が潤っているかを確認してみましょう。どうしてもわかりにくい場合は、左右の腕のどちらかに保湿剤を塗布するハーフテストを行ってみることをおすすめします。

このハーフテストは1週間程で保湿剤の効果がわかりますので、ぜひ試してみてくださいね。

すぐに肌が荒れてしまう子にはファムズベビーがおすすめ
私が色々な保湿剤を自分のこどもに使った結果、ファムズベビーに出会いました。

ファムズベビーは、母子手帳副本にも記載され医療機関などでも推奨されている安心できる保湿剤です。

乾燥肌ケアだけでなくよだれかぶれやあせも、乳児湿疹の予防にも使われています。アレルギーに悩む子にも愛用されているほど低刺激の保湿剤なので、ぜひ一度試してみてくださいね。

実際にファムズベビーを使ってみた様子を写真つきで紹介しています。

ページの先頭へ