乾燥ママ

アース製薬より販売している「ウルモア」は、入浴するだけの簡単保湿ケアができる保湿入浴剤で、このウルモア以外にもバスロマンや殺虫剤のアースノーマットなどを販売していることで有名です。

寒い季節は、お風呂あがりの乾燥が気になってきます。夜中にかゆみを起こさないためにも、入浴後はしっかりと保湿しましょう。

そこで今回は、ウルモアの成分と使い方について紹介します。

ウルモアは赤ちゃんから高齢者まで使える

urumoaウルモアの公式サイトでは、「赤ちゃんから高齢者の方まで、かさかさ、ムズムズの乾燥肌に悩むすべての方の素肌をやさしく包み込み、しっとり、すべすべにします」と記載されています。

コラーゲンやセラミド、ローヤルゼリーやシアバターなど保湿剤として人気の成分が配合されている入浴剤です。

ウルモアのバリエーションは、ローズ・フローラル・フルーツ・ベリーの4タイプが販売され、また、ウルモアは安価なわりに保湿力も高いということから、主婦の間で人気を集めています。

ウルモアの効果に秘密はあるの?

保湿力が備わっている入浴剤なので、入浴後に保湿するケアが省けるというのが特長のひとつです。

また、香料やベタつきが気になる方は、無香料やサラっとしたタイプの保湿入浴剤も検討してみましょう。

ウルモアの保湿入浴剤には、コラーゲンやセラミド、吸着型ヒアルロン酸、ローヤルゼリーやシアバターが配合されています。

乾燥肌に着目した商品で、赤ちゃんから高齢者層まで幅広く保湿ケアできることが特徴です。

ウルモアの便利な使い方

種類が豊富

ウルモアの秘密は何と言っても豊富なラインナップで、アース製薬の入浴剤は全部で39種類もあります。

気分やタイプ、お湯の色、濁り具合、香りから様々な製品を選ぶことができます。

保湿時間の軽減

お風呂が大好きなお子さんであれば、保湿剤や薬を塗るよりも保湿入浴剤を使用すると、手間も省けますし、ママも一緒に保湿できて、一石二鳥ですね。

ウルモアに含まれている成分を簡単に教えて!

ウルモアに使用されている入浴剤の成分を下に記載していますが、特に注目したい成分をピックアップして紹介します。

ウルモアで注目できる成分は、5つの保湿成分が配合されているところです。

その5つの成分とは、コラーゲン、セラミド、吸着型ヒアルロン酸、ローヤルゼリーになります。

この保湿成分は、肌の水分をしっかり角質層に取りいれてくれる効果があるので、あせもやカサカサ肌に悩むお子さんにお使いいただけます。

入浴剤に含まれる成分の効果 成分
保湿作用 ローヤルゼリーエキス、グリセリン、グルコシルセラミド、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、ポリクオタニウム-10、加水分解コラーゲン
防腐剤 メチルパラベン、プロピルパラベン

 

まとめ

ウルモアは肌に良いと言われるセラミドやコラーゲンなどの保湿成分が配合されている入浴剤で、公式サイトには「赤ちゃんから高齢者まで」と記載されていますので、お子さんにも使用することができますね。

ウルモア以外にも、子育て中のママたちに人気のある保湿入浴剤を紹介しますので、ぜひお子さんの夏場のケアに試してみてくださいね。

お子さんの全身のカサカサには保湿入浴剤がおすすめ

冬本番ですね。お子さんの乾燥肌がひどくなってしまっていると、親御さんからたくさんの声が届いています。

肌潤風呂は、温泉の湯の花成分も配合されており、カサカサした全身の肌を保湿し、体のポカポカが寝るまで続くため、寒い季節に使ってあげたい保湿剤です。

毎日のお風呂でしっかりとケアしてあげたいですね。お子さんの肌に良い入浴剤を使ってみてはいかがでしょうか。

実際に肌潤風呂をアトピーの子供に使っているところをレビューしています。購入の参考になれば嬉しいです。