赤ちゃんのあせも予防におすすめのケア商品~酷くなる前に簡単対策

乾燥ママ

赤ちゃんのあせも対策には、できるだけ肌に安心な成分を選びたいですよね。

しっかりと対策をすると夏の高い気温でもあせもができにくい肌を育ててあげることができますよ。

ここでは、赤ちゃんのあせも予防におすすめのケア商品を紹介していきます。

赤ちゃんのあせも予防で大切なこと

肌のバリア機能が弱っていると、赤ちゃんにあせもが出来やすくなります。

この肌のバリア機能が低下しているときは、肌の潤い成分が不足しているときです。

そのため、あせもに乾燥肌対策というと「あれ?」と思うかもしれませんが、赤ちゃんのあせも予防のために保湿をしてあげること、こまめに汗を拭いてあげることが大切です。

汗の刺激は、空気に触れると悪さをし始めるので、こまめに汗を拭き流し、保湿剤で肌の表面を守ってあげましょう。

ケアをした後に、肌がさらっとしていたらちゃんとケアできている証拠となり、あせも予防に繋がります。

あせもケア商品の選び方

あせもは入浴と保湿ケアを同時に行いましょう。

一番のおすすめは、保湿入浴剤で全身を保湿しながら汗を洗い落としてあげるのが効果的です。

おすすめの入浴剤

おすすめの入浴剤

おすすめのローション

ベビーローションランキング

おすすめのベビークリーム

保湿クリームランキング

おすすめのベビーオイル

ベビーオイルランキング

赤ちゃんのあせも対策に必要な環境つくり

赤ちゃんのあせも対策には、室内の気温と、湿度を調節しておくことも大切です。

普段赤ちゃんが過ごす部屋の気温と湿度が高すぎる部屋にいると、何もしなくてもあせもを起こしやすいので注意しましょう。

赤ちゃんが汗をかいたら、こまめに柔らかい濡れたガーゼで拭いて、いつもさらっとした肌を心がけるとあせもの悩みが減ってきます。

さらに、着替えもこまめにし、着せる服の枚数も減らしてあげましょう。特に夏場の部屋着は、汗を良く吸う薄手の肌着だけでも十分です。

ボタンが多く、分厚い風通しの悪い服は、どんなに可愛いデザインでも夏にはおすすめできません。

また、膝の裏や肘の裏、首など、肌が触れ合い汗がたまる場所は、あえて汗をすえるようにガーゼ素材や、薄手の綿の七分袖、ズボンなどをはかせてあげてもいいですね。

あせもは放っておくと、皮膚の赤みだけでなく痒みにつながるので、見つけたらすぐに洗い流し保湿剤をつけてあげましょう。

すぐに肌が荒れてしまう子にはファムズベビーがおすすめ
私が色々な保湿剤を自分のこどもに使った結果、ファムズベビーに出会いました。

ファムズベビーは、母子手帳副本にも記載され医療機関などでも推奨されている安心できる保湿剤です。

乾燥肌ケアだけでなくよだれかぶれやあせも、乳児湿疹の予防にも使われています。アレルギーに悩む子にも愛用されているほど低刺激の保湿剤なので、ぜひ一度試してみてくださいね。

実際にファムズベビーを使ってみた様子を写真つきで紹介しています。

ページの先頭へ