乾燥ママ

善玉ガードはいつ頃から子供に与えていいのか、本当に効果はあるのか気になりますよね。

善玉ガードの成分やおすすめポイント、開始年齢や他の製品とは何が違うのかを詳しく調べてみました。

そこで今回は、善玉ガードの開始年齢と成分ついてわかりやすく紹介します。

善玉ガードの成分と整腸効果

善玉ガードは、ラムネのような白いタブレットタイプの健康補助食品です。

この善玉ガードのどんな成分が、お子さんのお腹にどのように効果があるのか成分をみていきましょう。

善玉ガードには、免疫を強くする善玉菌の働きをサポートするフラクトオリゴ糖が含まれています。この善玉菌は乳酸菌やビフィズス菌のことで、体を内側から健康にしてくれる役割があるのです。

腸の中で善玉菌のバランスが整うと、デトックス効果が発揮され、肌の調子も整ってくる嬉しい効果があります。

マルチトール、イソマルトオリゴ糖、デキストリン、フラクトオリゴ糖、アカシア食物繊維、植物発酵エキス末、デンプン、ビフィズス菌乾燥原末、乳酸菌粉末、キシリトール、スクラロース、香料、微粒二酸化ケイ素、ステアリン酸カルシウム、クエン酸、リン酸三カルシウム
(バナナ、大豆、ごま、カシューナッツ含む)

おすすめするポイント

2歳になってから食べさせることができます

善玉ガードは2歳を過ぎた頃から食べさせることができます。

ラムネのように少し固めの製品なので、歯が生えてきた頃に与えると安心です。また大人でも効果が期待できますので、ご家族で召し上がってみてくださいね。

タブレットタイプなので子供に与えやすい

善玉ガードは、ヨーグルト風味のタブレットなので、そのまま食べることができます。

お薬のように水で流し込む必要はなく、ポリポリと噛み砕いて食べられるため、お子さんにオヤツとして与えられますよ。

カルシウムなどの栄養がたっぷり

善玉ガードには、乳酸菌を増やすだけでなく、お子さんの体に必要なカルシウムが配合されています。

さらに100種類の野菜から採れた酵素も配合されているので、好き嫌いがあるお子さんの栄養補助としてピッタリです。

他の製品と違う点

善玉ガードには、キシリトールが配合されています。

このキシリトールは甘み成分ですが、虫歯の進行を遅らせお子さんの生えたばかりの歯を守ってくれる心強い味方です。

善玉ガードをオヤツ感覚で食べさせても、他のラムネ製品よりは虫歯の心配が少なくなるので、安心して与えることができます。

また、1日1粒で整腸効果がありますので食後のデザートとしてもお子さんに喜ばれるのではないでしょうか。

アトピーを体の内側からケアしたいママへ

乾燥ママラスト

善玉ガードは、2歳を過ぎたお子さんに与えやすい整腸タブレットです。

子供の便秘が続くと、病院にどのタイミングで連れて行けばいいのか、出なくなって何日経つのか…など溜息をつくことが多くなると思います。

しかし、便秘が治った今、カレンダーを見ながらため息をつくこともなくなり、肌ツヤも良くなってきました。

お子さんの健康を守るために、善玉菌を増やし腸の調子を整えてみてくださいね。

2才未満のお子さんにはコチラ


生後3ヶ月から使える「はぐくみオリゴ」

たくさんのオリゴ糖を比較した結果、はぐくみオリゴは生後3ヶ月からでも使えるオリゴ糖です。ミルクや離乳食に混ぜて赤ちゃんに与えることができるので、簡単に使うことができます。

赤ちゃんの体質を改善したい方におすすめしたいオリゴ糖です。