子供の乾燥肌のお薬・ケア商品

乾燥ママ

子供の肌にトラブルが起きた時、どんな薬を使えばいいのか迷ってしまいますよね。すぐに病院に行けばいいのか、市販品でも対処できるのか悩みどころです。また、すでに使用しているお薬やケア商品よりももっと効果を感じたいと思ってはいませんか?

そこで、医薬品と市販品の使用方法と効能について紹介します。

子供の乾燥肌におすすめのお薬・ケア商品

乾燥肌を改善させるために、病院で処方される医薬品とドラッグストアやネットなどで購入できる市販品があります。

どの商品がどんな子供の肌の症状に合うのか、また製品の成分などを詳しく比較し、子供の肌をケアするための上手な保湿剤の選び方を紹介します。

子供の乾燥肌をケアする方法と保湿剤の選び方

子供の肌をホームケアできるおすすめの市販品が知りたい

できれば医薬品は常用したくないし、市販品は種類がありすぎて何を選べばいいのかわからない…と迷うことはありませんか?

そこで、子供の乾燥肌が気になり始めたときに使用されている人気の市販品の情報をまとめました。皮膚科にいけないときや、どの市販品を選べばいいのかわからない時に参考にしてみてください。

市販品をもっと詳しく

アトピーの赤ちゃんをケアするおすすめの保湿剤が知りたい

潤い成分が不足しているアトピーの子には、低刺激で保湿力が高い保湿剤が理想的ですが、どんな商品を選べばいいのか迷ってしまうときがあります。

私の子もアトピーと診断され、肌に合わない保湿剤を使い子供の肌が赤く腫れあがってしまったことがあります。そこで、「うちの子、アトピーかな?」と心配になったときに使ってあげたい品質にこだわったスキンケアを紹介しています。

アトピー用の保湿剤をもっと詳しく

病院で処方されるお薬の内容を詳しく知りたい

病院で処方された薬の副作用が気になり、強すぎる薬は子供に悪影響を及ぼすのではないかと不安になることはありませんか?

そこで子供の乾燥肌だけでなく、アトピーやとびひなどで処方されるときの医薬品をまとめました。いま使用しているお薬の副作用や効能、使い方などを調べ、記載したので参考にしてみてください。

医薬品をもっと詳しく

子供の乾燥肌ケアは医薬品と市販品どちらを選べばいいの?

医薬品市販品子供の乾燥肌を改善したいときの、医薬品と市販品の違いをチェックしましょう。

処方された薬や市販の保湿剤を使い続けているのに子供の肌状態が改善しないと、「これでいいのかな?」と、不安な気持ちになりますよね。

またこの先、医薬品で治療を行う事への迷いや、市販品の添加物の影響も気になるところです。しかし、医薬品と市販品にはそれぞれ大事な役割があります。

医薬品の役割は、主に「治療」になり、肌の炎症を抑えることであり、市販品の役割は主に「予防」になり、肌が悪化しないようにケアすることです。子供の乾燥肌をケアする時に、医薬品にするか市販品を選ぶかのポイントは「炎症がいつ起きたか」で選択しましょう。

医薬品 or 市販品

状態 目的
医薬品 炎症や痒みや痛みがある 炎症を抑える治療
市販品 症状が比較的軽い 炎症を起こさない予防

子供の乾燥肌の対処法に迷った時の参考にしてみてください。

理想は医薬品と市販品の両方使い

子供の乾燥肌を繰り返さないためには、医薬品で炎症を抑えた後、市販の保湿剤で長くケアを続けてあげることが理想です。もちろん、医薬品の保湿クリームでも問題はないのですが、忙しいママたちは待ち時間の長い病院へ中々行くことができないのではないでしょうか。

そこで、医薬品で治療しながらも市販品も上手に取り入れたケアをおすすめします。

最近では、持続効果の長い保湿剤や、時短保湿ケアできる入浴剤などが販売されているので、ぜひチェックしてみてください。

まとめ

医薬品と市販品にはそれぞれ大事な役割があり、医薬品の役割は、主に「治療」になり、肌の炎症を抑えることであり、市販品の役割は主に「予防」になり、肌が悪化しないようにケアすることです。

最近では、患者さんが乳児の保険を使い必要以上の医薬品を処方してもらっていることが問題視されています。他の患者さんのためにも、医薬品は本当に必要なときに使うようにしてください。

炎症が酷いときは医薬品を処方してもらい、乾燥肌など軽症の場合は市販品でスキンケアすることをおすすめします。

子供の皮膚トラブルにおすすめのケア方法