生後まもない赤ちゃんに発症する乳児湿疹は、頭や顔などに黄色い皮脂が詰まり、ジュクジュクした湿疹がこびりついたように見える炎症です。

一方、アロエ軟膏は、手荒れやひび割れなどの炎症に使用されている保湿剤で、ドラッグストアなどで市販されています。

この乳児湿疹のスキンケア剤として市販されているアロエ軟膏がどのように作用するのか詳しく紹介していきます。

乳児湿疹に効果的なアロエの成分について

アロエ軟膏まずは気になるアロエの成分について紹介します。

アロエは、ユリ科の植物で4000年以上も昔から「医者要らず」と言われているほど民間療法として用いられてきました。

このアロエは、砂漠で育つことができる強い生命力を持ち、肌の保湿剤としてだけではなく、ケガやヤケドによって傷ついた皮膚を修復したり皮膚のターンオーバーを活性化させると言われています。

そのため、乳児湿疹のホームケアとしてアロエ軟膏が使われています。

アトピー性皮膚炎にアロエ軟膏は効果的なのか

bariakowareruアトピー性皮膚炎は皮脂膜の減少と保湿力の低下によって刺激に敏感な肌となります。

乳児期のアトピー性皮膚炎は乳児湿疹との区別がつきにくいほど、症状が酷似しており、頭部を中心に湿疹が拡大していきます。

市販されているアロエ軟膏にはアロイン(消炎作用)、アロエシン(抗菌作用)があり、湿疹の炎症を抑える成分があります。

しかし、刺激を受けやすいアトピー性皮膚炎には、必ずアロエが効くというわけではないので注意が必要です。

アトピー性皮膚炎にアロエを使う際には、赤みや痒み、ヒリヒリ感が起きないか観察しながら使用しましょう。

アロエでアトピーが悪化?

アロエ療法は抗菌作用を利用した民間療法です。そのため、確実に「効く!」「悪化する」とは断言できません。

しかし、効能には個人差がありますので、もし試す場合は事前にパッチテストを行うことをおすすめします。パッチテストの方法は、以下で詳しく説明しています。

アロエ軟膏は乾燥肌の乳児に使用してもいいの?

24hアロエを摂取してはいけない年齢の規定はありませんが、湿疹などで傷ついた肌は非常に敏感になっているので、使用する際はパッチテストを行いましょう。

パッチテストとは、薬剤の副作用をみるために乳児の肌に少量を塗布し、様子をみることです。

塗布した後、24時間経過しても何の炎症もおきなければ、その成分を使用しても大丈夫と言えるでしょう。

また、体調の変化により、パッチテストの効果が違ってきますが、炎症が発生した場合はアレルギーの可能性もありますので、検査を受けてみましょう。

乳児湿疹に効果的なアロエ軟膏の成分についてまとめ

アロエには消炎作用と抗菌作用がありますが、全てのアロエに効果があるわけではなく、観賞用として販売されているアロエには有効的な成分は期待できません。

そのため、アロエ成分を肌に取り入れたい時は、市販品などから成分を取り入れた方が効果的でしょう。

こんな症状にお悩みではありませんか?

子供のかぶれの症状について
かぶれ
かぶれは接触性皮膚炎と言い、症状は1つではありません。原因を特定し、除去してあげることが重要になります。

子供の接触性皮膚炎のタイプについて

赤ちゃんのあせもについて
赤ちゃんあせも
あせもは皮膚を清潔にするなど、適切な処置を素早く行えば酷くなることはあまりありません。入浴や着替えなど、こまめにケアをしてあげましょう。

赤ちゃんのあせもで注意すべきこと

幼児の膝裏が赤い原因はアトピーなの?
膝裏
幼児の膝裏の赤い炎症については、発症した状況や環境によって症状が異なりますが、強い痒みが発生している場合は、速やかにケアしましょう。

幼児の膝裏の炎症について

乾燥肌から始まった我が子の肌トラブル
about
乾燥肌からアトピーを発症してしまった我が子の皮膚の闘病生活を紹介しています。現在は皮膚がキレイになりましたが、ここに至るまで様々な葛藤がありました。

子供の6年間の皮膚の闘病歴