乾燥ママ

防腐剤である「パラベン」はパラオキシ安息香酸エステルといい、アレルギーの誘発や発がん性などの危険性が問われてきました。そのため、最近ではパラベンを使用しない「パラベンフリー」の化粧品が目立つようになっています。そこで今回は、赤ちゃんにはパラベンフリーの製品を使うべきかについてみていきましょう。

赤ちゃんにはパラベンフリーの製品を使うべきなのか

パラベン殺菌昔からパラベンは「防腐剤」として多くの保湿剤などの化粧品に使われてきました。

ベビー用品であれば、おしり拭きにもパラベンは配合されています。通常、食品と同じように化粧品にも消費期限があり、時間の経過とともに、中の液体が腐っていきます。しかし、パラベンを使うことで、カビや雑菌の繁殖を防ぐことができます。

パラベンは全体量の1%未満(100gに対して1g未満)であれば、使用しても問題はないとされています。また、パラベンは食品にも含まれており、全く摂取しない!ということはかなり難しいでしょう。

パラベンはアレルギーを引き起こす可能性があるって本当?

パラベンは、アレルギーなどを引き起こす恐れのある物質です。それ以外にも、アレルギーの心配が予測される成分は、化粧品の成分にちゃんと記載するように義務付けられています。このような物質を『表示指定成分』と言います。

そのため、現在ではパラベンを使用しない「パラベンフリー」の製品が目立つようになりました。

赤ちゃんのおしりふきでパラベンフリーのものはある?

パラベンおしりふきおしり拭きで赤ちゃんの肌に刺激を与えたくないのであれば、ぬるま湯で洗い流すのが一番です。

おしり拭きで心配なのは、パラベン以外にもアルコール成分があり、乾燥肌やアトピーの子には刺激が強すぎます。しかし、外出時のオムツ交換や食べこぼしがあった場合、おしり拭きはとても重宝しますよね。

アカチャン本舗などで販売されているオレンジのパッケージの「水99%Super」やムーニーの「ムーニーおしりふき」は、パラベンが使用されていません。ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

柔らかい赤ちゃんの肌には、出来るだけ危険な成分を使いたくありませんよね。

口から入った毒素は、私たちの体内にある優秀な解毒機関である「肝臓」が毒素を排出してくれますが、皮膚から入った毒素は、排出までに長い時間がかかります。そのため、積極的に肌に悪いと言われているものを「使いたい!」という気持には中々なりませんよね…。

そこで、敏感な赤ちゃんの肌に優しい成分の保湿剤を紹介していますので、参考になれば嬉しいです。

優しい成分の保湿剤をピックアップしました

おすすめの保湿クリーム
保湿クリーム
ファムズベビーは赤ちゃんを肌トラブルから守るために、皮膚のバリア機能を強化する目的で販売されています。

ファムズベビーを実際に使った感想

おすすめのベビーローション
ベビーローション
新生児からの乾燥対策ができるアロベビーは、高い保湿力に加え国産オーガニックという安心できる成分から作られています。

赤ちゃんの安心にこだわるアロベビー

おすすめの保湿入浴剤
保湿入浴剤
グレープフルーツのサッパリした香りのする入浴剤で、ヌルっとしたお湯はまるで乳頭温泉のような手触りでした。

実際に肌潤風呂に入ってみた感想

おすすめの無添加石けん
無添加石けん
ドルチボーレの大きな特徴としては、赤ちゃんにも安心な無添加素材であるということです。いつも使う市販品よりサラサラしていて、しっとりしています。

ドルチボーレを実際に試してみました