新米ママが知っておきたい乳児の保湿剤の成分について

乾燥ママ

乳幼児の保湿剤を探すとき、成分が気になることはありませんか?どの成分だと保湿効果があって、どの添加物が体に悪いのか、具体的に知りたいですよね。そこで今回は、ママが使ってみたい成分と気になる添加物について紹介します。

「この成分ってどうなの?」を徹底調査!

スクワラン、セサミオイル、ホホバ、シア脂…など、保湿剤には様々な保湿成分が含まれていますが、実際に赤ちゃんに使用していい成分なのか疑問に思ったことはありませんか?大人の皮膚に使用できても、赤ちゃんの敏感な肌に何の影響もないのと不安になることもありますよね。

保湿剤を選ぶ時に、ふと疑問に思う「この成分って、赤ちゃんに大丈夫なの?」という疑問を解消したいと思います!

赤ちゃんの敏感肌におすすめの保湿剤

体がかゆい

赤ちゃんの肌に負担がかからない保湿成分についてみていきましょう。一般的に肌にいいと言われているスクワランやセサミオイルは、同じ保湿成分ですが、実は効果と作用する場所は違います。肌が本当に不足している成分を補充してあげれば、効果は全然違ってくるでしょう。

そこで、乳幼児の肌に使ってみたい保湿成分を紹介しますので、参考にしてみてください。

保湿効果と成分をみて決めたい!

乳幼児に影響を及ぼす添加物と経皮毒について

洗濯用洗剤
>産まれたての赤ちゃんや敏感肌の子供に、なるべくなら無添加のものを選びたいですよね。しかし、保湿剤の中には皮膚に良くない成分が配合されていることがあります。有害物質や体に悪影響を及ぼす成分が、皮膚から体内に侵入することを「経皮毒」といいます。

そこで、乳幼児への使用が懸念される添加物とその影響について調査してみました。

乳幼児に影響を及ぼす添加物と経皮毒について

子供のスキンケア剤に含まれている成分一覧

子供用のスキンケア製品に含まれている保湿成分を一覧にしています。いつもお子さんに使用している保湿剤に意外な成分が含まれているかもしれません。「あれ?この成分、どんな効果があるんだろう」と疑問に思った時に参考にしてみてくださいね。

保湿成分名一覧

新生児に保湿をするとアトピーが30%減ったという報告

国立医療センター国立成育医療研究センター2014/9/1に発表された研究結果には、未就学児に保湿剤を使用することで、アトピーを30%減少させたという報告があります。傷ついた皮膚の細胞の機能低下を保湿剤で防ぐことができたという内容でした。

今後、アトピーやアレルギーを予防できる確実な手段となれたら、嬉しいですよね。保湿剤を使用し、事前に子供の肌トラブルを防いでいきましょう。

乳児用の保湿剤はどれがいい?まとめ

乳幼児に使ってみたい成分と、気をつけたい添加物について紹介しました。肌に不足している成分をちゃんと選んであげることで、肌の状態は良くなるでしょう。今、使用している保湿剤に効果が見られないときは、思い切って保湿剤を買い替えてみましょう。

こんな症状にお悩みではありませんか?

赤ちゃんの膝の裏が赤い

赤ちゃんの膝の裏が赤くなっているとアトピーの炎症を疑ってしまいますが、原因はそれだけではありません。膝裏の炎症の原因を紹介します。

赤ちゃんの膝の裏が赤い原因と症状

赤ちゃんの耳たぶが赤くなる

耳たぶが赤くカサカサしてしまう理由は主にアレルギーや刺激、炎症などがあります。それぞれの原因を詳しくみていきましょう。

赤ちゃんの耳たぶがかさかさ赤い原因3つ

子供の皮膚がブツブツしてきた

子供の柔らかい肌に、細かいブツブツとした色のない鮫肌のような湿疹が出てくることはありませんか?痒みを発生させないためには、普段から皮膚を乾燥させないように心がけましょう。

細かいブツブツとした子供の鮫肌の原因と症状

子供の膝裏が赤くなっている

子供の膝裏が赤くなっていると、アトピーや何かの感染症ではないのかと不安になってしまいますよね。子供の膝裏は皮膚が柔らかく、また擦れやすい部分でもあるので、炎症を起こしやすくなります。

幼児の膝裏が赤い原因はアトピーだけではない理由

ページの先頭へ