乾燥ママ

赤ちゃんの肌への負担を考え、洗濯用洗剤を使い分けている優しいママが増えています。しかし、どの程度使い分けなければいけないのか、またいつまで使用しなければいけないのか気になりますよね。

そこで今回は、赤ちゃんの洗濯洗剤の使う範囲と止める時期について紹介します。

肌着やシーツには赤ちゃん用の洗濯洗剤を使おう

肌着やシーツ、タオルなど、赤ちゃんの肌に直接触れるものに関しては、刺激の少ない赤ちゃん用の洗剤を使ってあげましょう。

刺激の弱い洗剤を使用することで、アレルギーやかぶれの発症を防ぐことができます。しかし、いくら刺激の成分が弱くても、汚れをちゃんと落としきれないと、肌にばい菌やウイルスが付着してしまいます。適度に汚れを落とし、尚且つ刺激の少ない洗剤を選ぶことが重要です。

それでは、下着やシーツなど直接肌に触れる衣類の洗濯対策を詳しくみていきましょう。

香りが残る洗剤は避けた方が無難

最近では「香りが続く柔軟剤」が流行していますが、衣類に長く残り続ける成分は、赤ちゃんの肌には刺激が強いため、使用を控えましょう。

つわりの時に、芳香剤の臭いをキツく感じた経験はありませんか?人工的に作られた香料は、化学物質を大量に混ぜ合わせたもので、アレルギーや化学物質過敏症などを発症する恐れがあります。

この香料は、胎児や乳児など年齢が低い子供ほど強く影響を受けてしまいます。柔軟剤は、赤ちゃんが少し大きくなるまで使用を控えた方がいいでしょう。

保湿剤を上手に使って肌荒れを防ごう

強い洗剤成分は、赤ちゃんの肌に良い影響を与える菌にも悪影響を及ぼします。

肌には良い菌と悪い菌が生息していて、良いバランスを取りあうことで健康を保っています。しかし、柔軟剤に使用されている陰イオン系界面活性剤は、肌に住んでいる常在菌を殺してしまい、肌のバリア機能も破壊してしまう恐れがあります。

もし、柔軟剤を使ってしまったときは、衣類を着せる前に赤ちゃんの肌をしっかりと保湿剤で保護し、バリア機能が低下するのを防いであげましょう。

赤ちゃんの洗濯洗剤はいつまで必要なのか

毎日の生活の中で、いつまでも洗濯を分けるのはとても大変なことですよね。また、赤ちゃん用の洗剤は母乳などの黄ばみが取れにくいため、洗浄力に不満を持つこともあります。

そこで、赤ちゃんと大人の衣類を上手に洗う方法を詳しくみていきましょう。

大人と一緒の洗濯洗剤を使う時はすすぎ回数を多くして

いつまでの赤ちゃん専用の洗濯洗剤と大人用の洗剤を使い分けることは難しいですよね。

洗濯用洗剤は、大人用でも赤ちゃん用でも、水で流れ落ちてくれます。そのため洗濯洗剤自体は、皮膚に大きな影響はあまり与えないと考えられています。

もしも「大人用の洗濯洗剤成分が、赤ちゃんの肌へ影響を及ぼすのでは?」と不安を感じるようであれば、すすぎ回数を多くしましょう。また粉末洗剤は、気温が低くなると水に溶けにくいため、残留した洗剤成分が肌へ悪影響を及ぼすこともありますので、液体タイプの洗剤を選ぶことをおすすめします。

つまり、洗濯洗剤の成分がちゃんと水で流れ落ちていれば、大人用と赤ちゃん用どちらを使っても大丈夫ですよ。

柔軟剤を避ければ洗濯洗剤は一緒でもOK

赤ちゃんの肌への影響を考えるならば、洗濯洗剤よりも柔軟剤に注意しましょう。

柔軟剤に使われている陽イオン界面活性剤は、「使う人の体質によってまれにアレルギー等の肌トラブルを起こす恐れのある成分」として定められています。洗濯用洗剤は大人と一緒のものを使っても、柔軟剤は別にすることをおすすめします。

しかし、衣類のゴワつきは、赤ちゃんの肌を傷つけてしまうこともあります。摩擦を減らすケアベール成分が配合されているもの、アロマ成分がないものを赤ちゃんに使用すると安心です。また赤ちゃん専用の柔軟剤も販売されていますので、上手に活用するようにしましょう。

まとめ

  • 洗濯洗剤は粉末タイプではなく液体タイプを選ぶ
  • すすぎ回数を多くすると洗剤成分が少なくなる
  • 柔軟剤は肌にやさしいものか、あるいは使わない

洗濯用洗剤は、ちゃんと水で洗い流せれば赤ちゃんの肌へ負担を与えません。節約にならないかもしれませんが、すすぎをしっかりと行えば大人用の洗剤を一緒に使っても大丈夫ですよ。

肌への負担を軽減させるためには、柔軟剤を使用するときは、ケアベール成分が配合された肌と衣服の摩擦を抑える柔軟剤を使うようにしましょう。

こんな症状にお悩みではありませんか?

赤ちゃんの膝の裏が赤い

赤ちゃんの膝の裏が赤くなっているとアトピーの炎症を疑ってしまいますが、原因はそれだけではありません。膝裏の炎症の原因を紹介します。

赤ちゃんの膝の裏が赤い原因と症状

赤ちゃんの耳たぶが赤くなる

耳たぶが赤くカサカサしてしまう理由は主にアレルギーや刺激、炎症などがあります。それぞれの原因を詳しくみていきましょう。

赤ちゃんの耳たぶがかさかさ赤い原因3つ

赤ちゃんが体をよく掻く

体を掻いてしまうとき、肌トラブルが起こる前兆かもしれません。赤ちゃんが痒そうにしていたら気をつけるべきことを紹介します。

赤ちゃんが体を掻くときに心配される6つの病気

赤ちゃんの白い粉の症状と原因について

新生児の頃から白くカサカサしていたことはありませんか?ホームケアで改善していく症状もありますので、ケア方法を詳しくみていきましょう。

赤ちゃんの白い粉の症状と原因について