乾燥ママ

赤ちゃんのアトピーを予防するために、お風呂に入れてあげることは肌に良い効果をもたらします。

しかし、間違ったお風呂の入れ方はかえってアトピー炎症を悪化させることになるため、正しい知識で赤ちゃんを入浴させることが大切です。

そこで今回は、赤ちゃんのアトピー予防のための入浴方法について紹介します。

お風呂のケアで赤ちゃんのアトピーを防ごう


赤ちゃんのアトピーを防ぐために、汗や汚れをお風呂で洗い流しましょう。

アトピー性皮膚炎の治療方法が詳しく記載されてある「アトピー性皮膚炎診療ガイドライン」には、「発汗の多い季節の症状緩和に(水道水による)シャワー浴が有効なことからかいた後の汗はそのまま放置せず、洗い流す等の対策を行う事が推奨される」と記載してあります。

そこで、アトピーの赤ちゃんに効果的な入浴ケア方法を詳しくみていきましょう。

赤ちゃん アトピー 入浴方法

ジュクジュクした湿疹が酷くなければ、お風呂は1日1回は入れてあげましょう。

夏場は汗をかきやすいため、汗をかいたらシャワーでサッと流してあげるとあせもの予防にも繋がります。

  1. 1.保湿剤を事前に準備

    皮膚の乾燥を防ぐために、入浴後5分以内の保湿を行いましょう。入浴後に慌てないために、お風呂に入る前に保湿剤を準備してから入浴しましょう。保湿入浴剤を使う場合は、浴槽に入浴剤を入れてください。また、バスタオルやオムツ、下着はすぐに着せられるように全部広げておきましょう。

  2. 2.38~40℃のお湯に赤ちゃんを入れよう

    大人が好む熱いお湯は、赤ちゃんの肌を余計に乾燥させてしまいます。少しぬるく感じるお湯が赤ちゃんにとって負担のかからない温度になります。おしりにウンチがついている場合もありますので、湯船に入る前に、おしりをシャワーで流しましょう。

  3. 3.泡立てた石鹸で全身を撫でるように洗う

    よく石鹸を泡立てて手の指先で撫でるように洗います。肌をゴシゴシこするのではなく、優しく手早く洗い流しましょう。洗い忘れがちな耳の後ろ、頬も怖がらずに洗い流してください。

  4. 4.泡をしっかりと洗い流しましょう

    泡が肌に残らないようにしっかりとシャワーで洗い流しましょう。石鹸の成分が皮膚に付着したままだと、皮膚が赤くなったりかゆみが出たりすることがあります。最後に流し忘れがないように全身を湯船につかって、撫でてあげると効果的です。

赤ちゃんがアトピーだとお風呂入らない方がいいってホント?

汗やヨゴレを落とすことはアトピーの子にとって良い影響があります。

アトピー性皮膚炎診療ガイドラインにも、適切な洗浄とシャワー浴は有効的と記載されていますので、お風呂に入れる状態であれば赤ちゃんをお風呂に入れてあげてください。

しかし、石鹸のすすぎ残しがあると赤くかぶれたり、石鹸を使いすぎてアトピーが悪化したりすることがあります。そのため、お風呂に入れる際は、「しっかりすすぎ流すこと」「石鹸は1日1回まで」ということを徹底させましょう。

夏はお風呂に2回以上入れるのがおすすめ

汗を掻きやすい夏場は、お風呂に1日2回以上いれてあげ、キレイな肌を保ちましょう。

汗をかくことは皮膚の正常な機能のひとつなので、エアコンで24時間涼しい室内環境を用意してあげるよりも、汗をかかせて汗をかいたらシャワーでサッと流してあげるようが健康的な肌を育ててあげることができます。

夜にかいた汗を寝起きに流し、暑くなってくるお昼に流し、夜寝る前に汗を流すのがおすすです。

このうち、石鹸をつかいすぎても肌に負担をかけてしまいますので、1日1回程度の使用に留めていきましょう。

まとめ

  • 汗をかいたらお風呂で洗い流そう
  • 石鹸はしっかりと流し落とそう
  • 肌に負担をかけないために、石鹸は1日1回に留めておこう

赤ちゃんのアトピーケアのひとつとして、1日の終わりに汗や汚れをお風呂で洗い流すことは効果的です。

しかし、石鹸の使い過ぎや流し忘れは、かぶれの症状を引き起こしてしまうこともありますので、使用する際は注意しましょう。

また、入浴後は肌の水分蒸発を防ぐために、保湿してあげることをおすすめします。

入浴後の保湿を手軽にするためにも、保湿入浴剤を使うと大変便利になりますので、ぜひ赤ちゃんの肌に合った入浴剤を一度試してみてくださいね。

こんな症状にお悩みではありませんか?

赤ちゃんの膝の裏が赤い

赤ちゃんの膝の裏が赤くなっているとアトピーの炎症を疑ってしまいますが、原因はそれだけではありません。膝裏の炎症の原因を紹介します。

赤ちゃんの膝の裏が赤い原因と症状

赤ちゃんの耳たぶが赤くなる

耳たぶが赤くカサカサしてしまう理由は主にアレルギーや刺激、炎症などがあります。それぞれの原因を詳しくみていきましょう。

赤ちゃんの耳たぶがかさかさ赤い原因3つ

赤ちゃんが体をよく掻く

体を掻いてしまうとき、肌トラブルが起こる前兆かもしれません。赤ちゃんが痒そうにしていたら気をつけるべきことを紹介します。

赤ちゃんが体を掻くときに心配される6つの病気

赤ちゃんの白い粉の症状と原因について

新生児の頃から白くカサカサしていたことはありませんか?ホームケアで改善していく症状もありますので、ケア方法を詳しくみていきましょう。

赤ちゃんの白い粉の症状と原因について