子供を乾燥肌にさせないための基礎知識

乾燥ママ

秋になると空気だけでなく、肌も乾燥しがちになりますよね。赤ちゃんや子供は、皮膚が薄くバリア機能も未熟なため外気の刺激に左右されやすくなります。しかし、季節が変わっても何の変化も起こらない子もいれば、痒みや赤みが増えていく子もいます。そこで、乾燥肌になりやすい子は他の子に比べて何が不足しているのか、みていきましょう。

どうして乾燥肌になっちゃうの?

季節の変化により湿度が低くなると、皮膚内の水分が蒸発してしまいます。さらに血行も悪くなることで、皮脂などの分泌量が減少し、潤い成分がどんどん不足していくと、肌が乾燥し肌トラブルが発生するのです。この潤い成分が生まれつき不足しやすい子どもは、特に乾燥肌の症状が酷くなり、季節の変化だけでなく、生活習慣によって肌の状態が悪化してしまうこともあるので注意が必要です。

子供が乾燥肌を繰り返してしまう原因を知っておこう

そこで、具体的にどんな環境が乾燥肌を作っているのか、子供を乾燥肌にさせないための基礎知識を紹介します。

1・毎日の習慣がバリア機能を低下させている!

乾燥肌原因環境エアコンや肌に刺激のあるウール製の衣類など、毎日の生活の中に肌を乾燥させてしまう原因はたくさんあります。逆にいうと、肌のバリア機能を向上させることで、肌のトラブル発症を抑えることができるのです。そこでバリア機能を低下させてしまう生活習慣の原因についてみていきましょう。

子供の乾燥肌を悪化させる5つの原因

2・もともと潤い成分が足りていない!

babysisshin「生まれつき皮膚が弱い子供」はもともと潤い成分が不足しがちです。このような場合は、肌が強くなるまでスキンケアを続けてあげなくてはなりません。

ところで、スキンケアをしなくても何も起こらない子もいれば、逆にスキンケアをしていても肌が荒れている子がいます。この乾燥肌になりやすい体質となりにくい体質に明確な違いはあるか、乾燥肌になりやすい子供の特徴について紹介していきます。

乾燥肌になりやすい子供の体質4つ

3・治療が合っていない!

乾燥肌治療乾燥肌を治療したいと思いながらも、病院に不安と疑問を感じてしまうママも多いと思います。できたら、子供に副作用の強い薬を使いたくないですし、これまでの治療内容で改善がみなれないと、完治できるのか期待できなくなりますよね。また、治療を受けていないお子さんも、改善がみられないとこれから受診するようにした方がいいのか、迷っているのではないでしょうか。

そこで、いまの状況がお子さんにとって、適切なのかどうか確認するためにも、病院での処置について紹介していきます。

子供の乾燥肌の治療内容が知りたい!

4・保湿剤に乳児の肌に適していない添加物が配合されている!

乾燥肌成分乾燥肌対策に保湿剤は欠かせません。また毎日ケアをすることで、強い肌を育ててあげることができます。しかし、毎日使っている保湿剤の中には、敏感肌に適していない成分が配合されていることがあります。子供の敏感肌には刺激の少ない成分を使ってあげたいですよね。また、赤ちゃんや子供に積極的に使ってあげたい保湿剤の成分も気になるところ。そこで、肌のバリア機能が未熟な乳幼児に、おすすめしたい成分やできるだけ避けたい成分について詳しくみていきましょう。

乳児用の保湿剤はどれがいい?ママが使ってみたい成分と添加物

子供や赤ちゃんを上手にスキンケアする方法

乾燥肌になってしまう原因について紹介しましたが、具体的にどのようなケアを続けていけば良いのか悩んでしまいますよね。お子さんを乾燥肌から守る入浴方法や、温泉療法など、具体的なケア方法について紹介します。

乾燥肌にサヨナラするための子供のスキンケア方法

子供を乾燥肌にさせないための基礎知識まとめ

子供の乾燥肌の基礎知識では、生活環境や子供の体質、医療機関以外の子供の乾燥肌に関する疑問について紹介しました。具体的には、乾燥肌が悪化してきたときの対策や、ステロイドをやめたくなったとき、または、経皮感作や母乳の質について、とにかく乾燥肌をどうにかしたいママのための疑問に対する答えになります。

同じように子供の皮膚病で悩んだ経験があるからこそ、あまり聞けない疑問や、モヤモヤとした不安を解消できるお手伝いをさせてください。

こんな症状にお悩みではありませんか?

子供の皮膚がブツブツしてきた

子供の柔らかい肌に、細かいブツブツとした色のない鮫肌のような湿疹が出てくることはありませんか?痒みを発生させないためには、普段から皮膚を乾燥させないように心がけましょう。

細かいブツブツとした子供の鮫肌の原因と症状

子供の膝裏が赤くなっている

子供の膝裏が赤くなっていると、アトピーや何かの感染症ではないのかと不安になってしまいますよね。子供の膝裏は皮膚が柔らかく、また擦れやすい部分でもあるので、炎症を起こしやすくなります。

幼児の膝裏が赤い原因はアトピーだけではない理由

子供の手荒れがひどい

寒くなってくると、お子さんの手がガサガサしたり、あかぎれたりすることはありませんか?皮膚を守っている皮脂という油膜が剥がれてしまい、刺激を受けやすくなっている状態です。

手荒れが起きやすい子供の特徴4つ

皮膚が赤くかぶれてくる

汗やホコリ、衣類など、ある特定の物に触れることで湿疹や腫れを起こすこともあります。接触性皮膚炎は、アレルギータイプのものと非アレルギータイプとに分類されます。

子供の接触性皮膚炎には3つのタイプがある

赤ちゃんのアトピーが治る過程

治療方法

赤ちゃんのアトピーは簡単に治るのか 基本的にアトピーは治ったり炎症を起こしたりを繰り返していきます。 アトピーは2ヶ月以上炎症が続くことで診断を受けますので、症状が落ち着くまでしばらくかかるでしょう。 しかしこの時期のア・・・