乾燥ママ

お子さんが皮膚炎にかかってしまったときのホームケア方法をどうしたらいいか迷ってしまうことはありませんか?

いつもの石けんや保湿剤を同じように使っていいのか、お薬との併用は大丈夫なのか気になりますよね。

そこで今回は、子供用の皮膚炎ケア商品の選び方について紹介します。

子供の皮膚炎に必要なケア方法とは

子供が皮膚炎にかかってしまったときに大切なケアは「肌のバリア機能を強化すること」です。

皮膚の水分がたっぷり潤うことで、バリアは強くなりウイルスやアレルゲンの侵入を守ってくれる機能を発揮します。

保湿をすることで肌の調子を整え、バリア機能を修復してあげましょう。

皮膚炎ケア商品の選び方

子供の皮膚炎をホームケアするときに、たくさんの市販品がありすぎて、何を使えばいいのか迷ってしまいますよね。

子供の肌トラブルで、私がこれまでに色々な市販品を使った結果、皮膚炎のお子さんにおすすめしたい保湿剤をまとめてみました。

お子さんの肌ケア品を選ぶ時の参考になれば嬉しいです。

  1. 保湿クリーム

    保湿クリームのメリットは、皮膚の保護力が高いため、季節を問わずしっかりと皮膚を保護してくれるところです。

    荒れが酷い部分でもしっかりと効果を発揮してくれますので、お子さんの肌をしっかりと保湿したいときに使ってあげてください。

    子供の肌をしっかり保湿してくれるおすすめのクリームをランキングで紹介しています。

    おすすめの保湿クリームランキングはコチラ

  2. ベビー石鹸

    赤ちゃんや肌の弱いお子さんでも使用できる低刺激の無添加石けんを選びましょう。

    ただ無添加というだけではなく、ある程度の保湿成分もないと、入浴後にかえって肌が乾燥し、カサカサやかゆみの原因になることも。

    無添加ながらも保湿成分がある、おすすめのベビー石鹸をランキングで紹介しています。

    ベビー石鹸ランキングはコチラ

  3. 保湿入浴剤

    入浴剤のメリットは、全身の隅々にまで潤い成分を届けることができるところです。

    皮膚のたるみが多い赤ちゃんやクリームの塗布を嫌がるお子さんでも手軽に保湿できます。新生児の沐浴や、全身の保湿を手早く済ませたいときにおすすめです。

    子供の全身をくまなく保湿してくれるおすすめの入浴剤をランキングで紹介しています。

    おすすめの入浴剤ランキングはコチラ

子供の皮膚炎はどうケアしている?ママたちの体験談

他のママたちは、自分の子供の皮膚炎をどうケアしているのでしょうか。

実際に皮膚炎に悩んだお子さんとママの闘病記を投稿してもらったので、紹介していきます。

乾燥肌でお風呂あがりに保湿剤を使っていましたが…

息子はもとから乾燥肌で、冬は身体を痒がります。

なのでお風呂上がりは保湿剤をたっぷり塗っていましたが、数ヶ月前から手のひび割れに悩むようになり、さらに出血するようにも。

そのため、皮膚科を受診した結果、先生は何の症状なのかわからないようでしたが、ステロイドを処方されました。

医薬品だけでは効果を感じられなかった

強めのステロイドを1週間だけ塗ることになりましたが、固くなった手の平にはあまり浸透せず、たいした効果はありません。ただ、ひび割れして出血したところは良くなったので安心はしていました。

処方された薬は、ステロイドの他、ヒルドイドとサトウザルベ、ワセリンでした。

これらの薬をつかって1ヶ月経ちましたが、劇的によくなるわけではなく薬が良かったとは思えません。

改善には医薬品と生活習慣の改善が必要

私なりに息子の様子を見たところ、石鹸を使いすぎていたり手を洗ったあとにちゃんと拭いていなかったりなど、生活の中で改善すべきことに気がつきました。

その後は乾燥しないように寝る前にワセリンやヒルドイドを塗るようにした結果、皮膚が徐々に良くなりました、

乾燥は、乾燥してからは遅いので乾燥させないように水分をきちんと拭きとったり薬を塗って保湿することが大事だと思いました。

私の弟はアトピー性皮膚炎でしたので、ステロイドの怖さを知っています。ステロイドのみに頼らぬように、生活も改善していくべきだと思いました。

(Rママ)

 

敏感肌の子に化学物質を使うのは不安

子供の肌はとても敏感のため、様々な化学物質に反応してしまうのではないかと不安です。

そのため、体を洗う際には無添加石鹸を使用しています。

無添加石鹸は、肌に湿疹や赤みが出ることなく健康的な肌を維持し続けることができているので、とても良い成分だと感じています。

スキンケアは保湿剤だけでなく、石鹸も大切

無添加石鹸がよいと感じたきっかけは、子供の同級生にアトピー性皮膚炎の子供がいて、肌のケアについてとても心配になったことが始まりです。

肌荒れを感じることが多く保湿クリームなどを使用することもありましたが、体を洗う際にも気を配るべきと考え無添加石鹸を好んで使用するようになりました。

その結果保湿クリームがなくても肌荒れを感じなくなったので、子供の敏感な肌には無添加石鹸が効果的と思います。無添加石鹸は肌の弱い子供に必要なものと感じています。

子供の肌を守るために使用する石鹸に気を配りたい

外で遊ぶ機会が多いため、太陽からの紫外線も心配となりますが、健康的な肌であれば多くの心配事が減ります。

無添加石鹸を使用することによって肌に潤いを感じるようにもなり、刺激に対しても強くなっている感じがします。

子供の肌を守っていくためには普段から使用する石鹸に気を配ることも大切と思うので、このような無添加石鹸はとても良いものと思います。

(Kママ)

お子さんの皮膚炎ケアにおすすめの保湿クリーム

すぐに肌が荒れてしまう子にはファムズベビーがおすすめ
私が色々な保湿剤を自分のこどもに使った結果、ファムズベビーに出会いました。

ファムズベビーは、母子手帳副本にも記載され医療機関などでも推奨されている安心できる保湿剤です。

乾燥肌ケアだけでなくよだれかぶれやあせも、乳児湿疹の予防にも使われています。アレルギーに悩む子にも愛用されているほど低刺激の保湿剤なので、ぜひ一度試してみてくださいね。

実際にファムズベビーを使ってみた様子を写真つきで紹介しています。