乾燥ママ

レーザー治療などの熱エネルギーから肌を守ってあげるために保湿剤を活用していきましょう。痣の治療中は肌のバリア機能もダメージを受けてしまいます。

そこで今回は、治療後にも使いたい子供の痣のケア商品の選び方を紹介します。

痣の治療中に使いたい!肌のバリア機能を高めるケア商品の選び方

痣の治療を行っているときは、肌のバリア機能が低下してしまいます。

レーザーなどで痣の治療を行っているときは、特に皮膚が乾燥しますので、肌を保湿してあげると効果が高まります。治療中に受けてしまったダメージを軽減させるために患部をいつも以上に保湿してあげましょう。

また治療が終わってからも皮膚のダメージを少しでも早く回復させてあげるために、しばらくの間保湿を続けてあげてください。

子供の痣ケア商品の選び方

子供の痣をホームケアするときに、たくさんの市販品がありすぎて、何を使えばいいのか迷ってしまいますよね。

子供の肌トラブルで、私がこれまでに色々な市販品を使った結果、お子さんにおすすめしたい保湿剤をまとめてみました。

お子さんの痣ケア品を選ぶ時の参考になれば嬉しいです。

  1. 保湿クリーム

    保湿クリームのメリットは、皮膚の保護力が高いため、季節を問わずしっかりと皮膚を保護してくれるところです。

    荒れが酷い部分でもしっかりと効果を発揮してくれますので、お子さんの肌をしっかりと保湿したいときに使ってあげてください。

    子供の肌をしっかり保湿してくれるおすすめのクリームをランキングで紹介しています。

    おすすめの保湿クリームランキングはコチラ

  2. ベビー石鹸

    赤ちゃんや肌の弱いお子さんでもしようできる低刺激の無添加石けんを選びましょう。

    ただ無添加というだけではなく、ある程度の保湿成分もないと、入浴後にかえって肌が乾燥し、カサカサやかゆみの原因になることも。

    無添加ながらも保湿成分がある、おすすめのベビー石鹸をランキングで紹介しています。

    ベビー石鹸ランキングはコチラ

  3. 保湿入浴剤

    入浴剤のメリットは、全身の隅々にまで潤い成分を届けることができるところです。

    皮膚のたるみが多い赤ちゃんやクリームの塗布を嫌がるお子さんでも手軽に保湿できます。新生児の沐浴や、全身の保湿を手早く済ませたいときにおすすめです。

    子供の全身をくまなく保湿してくれるおすすめの入浴剤をランキングで紹介しています。

    おすすめの入浴剤ランキングはコチラ

乾燥肌が酷くなると痣のように見えてしまうことも

乾燥肌によって肌が痣のように見えてしまうこともあります。

肌が乾燥していると、その部分だけが白く抜けたようになり、まるで痣のように見えるのです。

冬に乾燥肌になってしまい、軽快せずに夏を迎えてしまうと、乾燥した部分は日に焼けないため、まるで白い痣のように見えてしまいますので、カサカサしている肌はちゃんと潤い肌へ戻してあげましょう。

乾燥による薄くできた痣は保湿剤で健康的な肌へ戻そう

乾燥によって肌に痣のようなものができてしまった場合は、潤いを与えてあげると元に戻ります。

このように発症してしまった痣のような皮膚は、放置しておくと範囲が広くなっていくため、保湿ケアを行ってあげましょう。気になる部分を保湿剤でケアすれば、すぐに軽快していきます。

皮膚の色がいつもと違うなと感じたら、保湿ケアで7健康的な肌に戻してあげましょう。

まとめ

痣を除去する治療中は、患部が著しく乾燥します。痣で悩み続けてきたのに、これ以上悩みを増やしたくはありませんよね。乾燥した肌のトラブルを避けるためにも保湿は続けてあげてください。

添加物のない肌に優しい市販のスキンケア剤も販売されていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

お子さんの痣を安心にケアしてあげたい方へ

すぐに肌が荒れてしまう子にはファムズベビーがおすすめ
私が色々な保湿剤を自分のこどもに使った結果、ファムズベビーに出会いました。

ファムズベビーは、母子手帳副本にも記載され医療機関などでも推奨されている安心できる保湿剤です。

乾燥肌ケアだけでなくよだれかぶれやあせも、乳児湿疹の予防にも使われています。アレルギーに悩む子にも愛用されているほど低刺激の保湿剤なので、ぜひ一度試してみてくださいね。

実際にファムズベビーを使ってみた様子を写真つきで紹介しています。