肌を強くする幼児のスキンケア商品の選び方

乾燥ママ

子供の突然の湿疹に、どうケアしたらいいのか迷ってしまいますよね。

特に、病院に行くまでもない軽度の湿疹や、また通院後のケアはどうしたらいいのか、不安になってしまうときはありませんか?

そこで今回は、幼児のスキンケア商品の選び方について紹介します。

幼児の肌に安心できるケア方法

乾燥肌体質子供の皮膚の湿疹に加え、痛みや痒み、ただれなどの深刻な炎症が発症している場合、通院することはもちろんですが、その後のケア対策について悩んでしまうことは多いと思います。

炎症を起こした皮膚はバリア機能が低下していますので、基本的なケア方法は低刺激の保湿剤で肌に潤いを与えてあげることです。しかし子供の皮膚の炎症の原因はひとつではないため、病状によってはしてはいけないケア方法もあります。

そこで子供が肌トラブルケア商品の選び方について、それぞれ見ていきたいと思います。

幼児の肌ケア商品の選び方について

全身のスキンケア

部位を問わず全身に起こるトラブルケア商品の選び方です。かゆみや鮫肌のように体のどこにでも現れる症状のホームケア方法を紹介します。

かゆみケア

鮫肌ケア

肌荒れケア

皮膚炎ケア

部位別スキンケア

具体的な部位によるトラブルのケア方法を紹介します。

頭皮ケア

頬の白みケア

膝の裏の湿疹ケア

痣ケア

アレルギースキンケア

アレルギーが原因の肌トラブルのホームケア方法です。

アレルギーが発症したときは、基本病院での処置が必要ですが、受診後に症状が落ち着いたら、アレルギーの再発防止対策や肌のバリア機能強化のため、自宅でスキンケアを続けてあげてください。

蕁麻疹ケア

アトピー保湿ケア

かぶれケア

小児乾燥性湿疹ケア

感染症スキンケア

ウイルスや細菌が原因で発症するトラブルのホームケア方法です。発症後は肌が敏感になっていますので、いつもよりも優しくケアをしてあげてください。

手足口病ケア

とびひケア

水いぼケア

水虫予防ケア

水疱瘡ケア

小児ストロフルスケア

ジベル薔薇色粃糠疹ケア

夏のスキンケア

夏に発症するトラブルのケア方法です。夏場は冬場以上にトラブルが多いため、事前に予防してあげることが大切になります。

あせもケア

日焼けのケア

虫刺されケア

年齢別スキンケア

年齢別の予防スキンケア商品の選び方について紹介します。成長とともに肌質も変化しますので、お子さんの体質に合ったケア方法をみつけていきましょう。

幼児におすすめの保湿剤の選び方

小学生におすすめの保湿剤の選び方

中学生におすすめの保湿剤の選び方

子供の皮膚トラブルにおすすめのケア方法

 

ページの先頭へ