乾燥ママ

赤ちゃんの水いぼは、何もしなくても自然に軽快していく皮膚トラブルですが、保湿ケアをしてあげることで治りが早くなります。また感染していない家族の皮膚を保湿してあげることで、感染しにくい体を作ることができます。

そこで、今回は赤ちゃんの水いぼ予防ケア商品の選び方を紹介します。

赤ちゃんの水いぼ予防は全身スキンケア

水いぼはバリア機能が強化されている肌には感染しにくいため、毎日スキンケアを行ってあげることが大切です。

水いぼを発症している赤ちゃんは、乾燥気味な体質のため、水いぼを発症している部分だけケアするのではなく、必ず全身を保湿してあげましょう。

水いぼ予防ケア商品の選び方

水いぼに悩むお子さんの中でも、特に冬生まれの赤ちゃんはポロポロと皮が剥け、乾燥肌になりやすい傾向にあります。

しかし、この時期に保湿ケアを行うことでアトピーなどの肌トラブル予防にも繋がりますよ。

そこで、私が新生児を育てていたときに、助産師さんや保健師さんに聞いたり、雑誌やネットで調べて「これはいいな!」と思ったケア方法を紹介します。

  1. 保湿クリーム

    保湿クリームのメリットは、皮膚の保護力が高いため、かゆみがでているような荒れた肌も保護してくれるところです。

    汗を掻きやすい肌でも落ちにくいので、お子さんの肌をしっかりと保湿したいときに使ってあげてください。

    かゆみや赤みが気になる肌を、保湿してくれるおすすめのクリームをランキングで紹介しています。

    おすすめの保湿クリームランキングはコチラ

  2. 保湿入浴剤

    入浴剤のメリットは、汗や体の汚れを湯船でサッパリと流すことができ、全身の隅々にまで潤い成分を届けてくれます。

    皮膚のたるみが多い赤ちゃんやクリームの塗布を嫌がるお子さんでも手軽に保湿できます。新生児の沐浴や、全身の保湿を手早く済ませたいときにおすすめです。

    赤ちゃんでも入れる低刺激成分でおすすめの入浴剤をランキングで紹介しています。

    おすすめの入浴剤ランキングはコチラ

  3. 保湿ローション

    保湿ローションのメリットは、水との相性が良いため、汗を掻いたあとや、お風呂上りでも塗ることができるところです。

    ローションは伸びがいいため、体の大部分をくまなく保湿ケアできます。ムレやすいおしりや夏場のケア、入浴後すぐの保湿に使いましょう。

    子供の肌に潤いを与えてくれるおすすめのベビーローションをランキングで紹介しています。

    おすすめのベビーローションランキングはコチラ

赤ちゃんが水いぼにならないための予防方法

まだ感染していない赤ちゃんが水いぼにならないためには、日ごろからしっかりとスキンケアを行い肌のバリア機能を強化しておくことです。

もし兄弟など家族間で感染者がいた場合、タオルやおもちゃなどを共有しないように心がけましょう。同じお風呂に入っただけでは感染しませんが、皮膚が接触してしまうと感染してしまいますので、注意しましょう。

水いぼにかかったら予防接種は医師に相談を

水いぼを発症している赤ちゃんでも、予防接種を実施している病院はあります。水いぼの完治には時間がかかるため、接種スケジュールが狂う心配も出てきますよね。

しかし、基本的に予防接種は免疫力をつけるため「体調の良いとき」に受けるようになっているため、水いぼの状態によっては接種を断られることもあります。まずは予防接種を受ける病院で、赤ちゃんの症状を詳しく説明し、医師の診断に従いましょう。

まとめ

赤ちゃんの水いぼの基本ケアは、全身を保湿し肌のバリア機能を強化してあげることで、感染の拡大と発症した患部の炎症を防ぐことができます。また兄弟間で感染しないためにも、家族全員でスキンケアを行いましょう。

水いぼは自然に軽快していく皮膚トラブルですので、すぐに治らなくても焦る必要はありません。気長にスキンケアをしながら完治を待ちましょうね。

すぐに肌が荒れてしまう子にはファムズベビーがおすすめ
私が色々な保湿剤を自分のこどもに使った結果、ファムズベビーに出会いました。

ファムズベビーは、母子手帳副本にも記載され医療機関などでも推奨されている安心できる保湿剤です。

乾燥肌ケアだけでなくよだれかぶれやあせも、乳児湿疹の予防にも使われています。アレルギーに悩む子にも愛用されているほど低刺激の保湿剤なので、ぜひ一度試してみてくださいね。

実際にファムズベビーを使ってみた様子を写真つきで紹介しています。