乾燥ママ

産まれたばかりの新生児の顔やかかと、ひじなどに白いガサガサが起きてしまう新生児落屑(しんせいじらくせつ)。

放っておいても大丈夫ですが、見ているだけで赤ちゃんが可哀想になってきてしまいます。しかし、無理に皮を剥いてしまうと、炎症を起こしたり出血してしまうことも。

そこで今回は、新生児落屑ケア商品の選び方について紹介します。

新生児落屑には保湿ケアがおすすめ

皮膚の表面がポロポロ剥がれ落ちる落屑は、新生児の代謝が活発なために起こります。

そこで、この剥がれが気になってしまうときは、無理矢理に皮をはがすことはせずに、傷付きやすい皮膚を保湿し乾燥から守ってあげましょう。

新生児の皮膚は薄くちょっとの刺激に敏感になっているため、添加物が少ない赤ちゃん専用の保湿剤がおすすめです。

新生児落屑のケア商品の選び方

新生児落屑に悩むお子さんの中でも、特に冬生まれの赤ちゃんはポロポロと皮が剥け、乾燥肌になりやすい傾向にあります。

しかし、この時期に保湿ケアを行うことでアトピーなどの肌トラブル予防にも繋がりますよ。

そこで、私が新生児を育てていたときに、助産師さんや保健師さんに聞いたり、雑誌やネットで調べて「これはいいな!」と思ったケア方法を紹介します。

  1. 保湿クリーム

    保湿クリームのメリットは、皮膚の保護力が高いため、かゆみがでているような荒れた肌も保護してくれるところです。

    汗を掻きやすい肌でも落ちにくいので、お子さんの肌をしっかりと保湿したいときに使ってあげてください。

    かゆみや赤みが気になる肌を、保湿してくれるおすすめのクリームをランキングで紹介しています。

    おすすめの保湿クリームランキングはコチラ

  2. 保湿入浴剤

    入浴剤のメリットは、汗や体の汚れを湯船でサッパリと流すことができ、全身の隅々にまで潤い成分を届けてくれます。

    皮膚のたるみが多い赤ちゃんやクリームの塗布を嫌がるお子さんでも手軽に保湿できます。新生児の沐浴や、全身の保湿を手早く済ませたいときにおすすめです。

    赤ちゃんでも入れる低刺激成分でおすすめの入浴剤をランキングで紹介しています。

    おすすめの入浴剤ランキングはコチラ

  3. 保湿ローション

    保湿ローションのメリットは、水との相性が良いため、汗を掻いたあとや、お風呂上りでも塗ることができるところです。

    ローションは伸びがいいため、体の大部分をくまなく保湿ケアできます。ムレやすいおしりや夏場のケア、入浴後すぐの保湿に使いましょう。

    子供の肌に潤いを与えてくれるおすすめのベビーローションをランキングで紹介しています。

    おすすめのベビーローションランキングはコチラ

新生児落屑ケアは約1ヶ月程度でキレイに

新生児落屑は何もしなくても約1ヶ月程度で、キレイな肌になりますが、ガサガサが気になるときは、保湿ケアをしてあげるとすぐにツヤ肌になりますよ。

また産院か1か月検診のときに保健師さんに相談してみてもいいですね。

新生児はまだアトピーかどうかの診断はつきにくいため、新生児落屑があるからと言って、この時期から過剰に不安がらなくても大丈夫なので安心してくださいね。

しかし、乾燥しやすい冬生まれの子はガサガサ肌が続く恐れがあるため、ローションやクリームなどの保湿力がある保湿剤で潤い成分を補給してあげると、これから皮膚病に負けない肌を作ることができますので、一緒に頑張りましょうね。

すぐに肌が荒れてしまう子にはファムズベビーがおすすめ
私が色々な保湿剤を自分のこどもに使った結果、ファムズベビーに出会いました。

ファムズベビーは、母子手帳副本にも記載され医療機関などでも推奨されている安心できる保湿剤です。

乾燥肌ケアだけでなくよだれかぶれやあせも、乳児湿疹の予防にも使われています。アレルギーに悩む子にも愛用されているほど低刺激の保湿剤なので、ぜひ一度試してみてくださいね。

実際にファムズベビーを使ってみた様子を写真つきで紹介しています。