乾燥ママ

赤ちゃんの乾燥肌は早目のケアが大切です。ちょっとでもカサカサしているなと感じたら、ホームケアをしてあげると深刻なッ症状になる前に改善しますよ。

そこで今回は、赤ちゃんの乾燥肌に効果的な保湿剤の選び方について紹介します。

赤ちゃんの乾燥肌のケア方法

赤ちゃん乾燥肌ケア1日の中でも赤ちゃんが乾燥しやすいのは入浴後です。

「低刺激の石鹸でやさしく洗う」こと、「入浴後に保湿してあげること」この2つを続けていけば、肌の乾燥はすぐに軽快していきます。赤ちゃんの肌はガーゼでこすらなくても汚れを落とすことができます。特に冬場はゴシゴシ拭きすぎると乾燥が酷くなるので、泡で包むように洗ってあげましょう。

また入浴後は毛穴が開いている状態なので、肌が乾燥しないうちに手早く保湿剤を塗ってあげることで乾燥を防ぐことができます。

乾燥肌のケア商品の選び方

乾燥肌に悩むお子さんの中でも、特に冬生まれの赤ちゃんはポロポロと皮が剥け、乾燥肌になりやすい傾向にあります。

しかし、この時期に保湿ケアを行うことでアトピーなどの肌トラブル予防にも繋がりますよ。

そこで、私が新生児を育てていたときに、助産師さんや保健師さんに聞いたり、雑誌やネットで調べて「これはいいな!」と思ったケア方法を紹介します。

  1. 保湿クリーム

    保湿クリームのメリットは、皮膚の保護力が高いため、かゆみがでているような荒れた肌も保護してくれるところです。

    汗を掻きやすい肌でも落ちにくいので、お子さんの肌をしっかりと保湿したいときに使ってあげてください。

    かゆみや赤みが気になる肌を、保湿してくれるおすすめのクリームをランキングで紹介しています。

    おすすめの保湿クリームランキングはコチラ

  2. 保湿入浴剤

    入浴剤のメリットは、汗や体の汚れを湯船でサッパリと流すことができ、全身の隅々にまで潤い成分を届けてくれます。

    皮膚のたるみが多い赤ちゃんやクリームの塗布を嫌がるお子さんでも手軽に保湿できます。新生児の沐浴や、全身の保湿を手早く済ませたいときにおすすめです。

    赤ちゃんでも入れる低刺激成分でおすすめの入浴剤をランキングで紹介しています。

    おすすめの入浴剤ランキングはコチラ

  3. 保湿ローション

    保湿ローションのメリットは、水との相性が良いため、汗を掻いたあとや、お風呂上りでも塗ることができるところです。

    ローションは伸びがいいため、体の大部分をくまなく保湿ケアできます。ムレやすいおしりや夏場のケア、入浴後すぐの保湿に使いましょう。

    子供の肌に潤いを与えてくれるおすすめのベビーローションをランキングで紹介しています。

    おすすめのベビーローションランキングはコチラ

乾燥肌体験談

赤ちゃんの乾燥肌に悩むママの体験談を紹介します。

乾燥肌にならないように気を使う毎日でした

生後10か月を迎えた冬のころ、子供の肌が少しカサカサした感じになりました。

念のため、小児科にかかりましたが、アトピーではないという診断でしたが、肌がかゆいのか、たまに腕を引っかいたりしてしまいました。

うちは乾燥肌が多い家系で、アトピー性皮膚炎にかかっている人もいます。

子供が生まれたときから乾燥肌になるのではないかと、沐浴剤を使ったり子供用の保湿クリームを塗ったりととても気にしていました。

クリームでベビーマッサージを続けたら、カサカサがなくなった

そんな時、たまたま地域のイベントでセサミオイルを使ったベビーマッサージを習う機会がありました。

イベントで習ったことを真似て、家にある保湿用のベビークリームを使ってマッサージをやってみました。すると、赤ちゃんはマッサージをされていると気持ちいいらしく、とてもご機嫌になりました。それ以来、「着替える前」と「お風呂上り」のは2回保湿クリームを使ったベビーマッサージを続けることにしたんです。

するとカサカサしていた肌がだんだん落ち着いてきました。

2才になった今は元気に過ごしています

息子は今2歳になりましたが、いまだにマッサージが好きなようで、お風呂上りにクリームを使ってマッサージをしています。以前のように肌が荒れたりすることもなく、元気に過ごしています。

カサカサしていた時期の引っかき傷を思い出すと心が痛みましたが、よくなってくれて本当によかったと思います。

(2才/Fママ)

 

生後8か月で突然カサカサの乾燥肌に

現在、2人の子供を育児中です。

下の子が生後8か月になったとき、息子の背中がカサカサと薄く皮が剥けたような状態になっているのに気付きました。

大人用のボディシャンプーで下の子の皮膚が赤くだたれて

上の子は乾燥肌に悩まされた事が全くなかったため、2人目の息子も同じようにあまり乾燥など気していませんでした。それどころか育児に慣れてきた成果、早くから大人と同じボディシャンプーを使って体など洗ってあげていました。

なので、下の子少しカサカサしてきたときも「軽く乾燥してるんだな」程度にしか思わず保湿クリームを塗りそのままにしていました。

でも、乾燥は一向に収まらず、本人も痒いのか体を掻くような動作をはじめ、気づけばカサカサして白かったところが、所々赤くなってただれたようになってしまいました。

その時になってようやく「大人用のボディーシャンプーが原因では?」と気づき、使用を中止しました。

低刺激のボディシャンプーに変えてから症状が和らいできた

原因に気がついてからはボディシャンプーを幼児用のアトピーでも使えるような低刺激のものに変え、毎日お風呂上りは余計に乾燥が進まないように保湿クリームを塗るようにしました。

すると徐々に下の子の乾燥肌の症状は和らいできたのです。

現在下の子は2歳になるのですが、未だに乾燥肌でちょっと気を許すとお肌がカサカサしてしまいます。

赤ちゃんの頃にお肌に刺激を与え過ぎたせいかと思い、とても後悔しています。「1人目が何ともないから2人目も大丈夫」と思っていると、大変なことになるということがわかりました。

(2才/Dママ)

まとめ

乾燥肌は酷くならないうちにスキンケアで軽快させていきましょう。

赤ちゃんの入浴中のケアに気を使ってあげるだけでも乾燥肌は良くなっていきます。悪化してから皮膚科にかかり強い薬を使うよりも、ちょっと乾燥気味かな?と思ったらすぐにスキンケアをしてあげてください。

成長と共に肌もだんだん強くなっていきますので、焦らずに少しずつできることから始めていきましょう。

すぐに肌が荒れてしまう子にはファムズベビーがおすすめ
私が色々な保湿剤を自分のこどもに使った結果、ファムズベビーに出会いました。

ファムズベビーは、母子手帳副本にも記載され医療機関などでも推奨されている安心できる保湿剤です。

乾燥肌ケアだけでなくよだれかぶれやあせも、乳児湿疹の予防にも使われています。アレルギーに悩む子にも愛用されているほど低刺激の保湿剤なので、ぜひ一度試してみてくださいね。

実際にファムズベビーを使ってみた様子を写真つきで紹介しています。