乾燥ママ

とびひは、わずかな傷から炎症を起こし、あっという間に広がっていきます。また、とびひは何度でも繰り返すうえ、夏に発症することが多いので夏場のスキンケア対策はしっかりと行いましょう。

そこで今回は、赤ちゃんのとびひのケア商品の選び方を紹介します。

赤ちゃんのとびひのケアについて

赤ちゃんとびひ原因肌のバリア機能が弱っていると、ますます炎症が悪化する恐れもあるので、日ごろから肌のバリア機能を強化してあげることが重要です。

とびひが発症してしまった場合、患部を清潔にすることが重要です。泡立てた石鹸でそっと洗い流してあげましょう。入浴後は炎症が広がったり、家族に移らないように、患部をガーゼで覆うことが大切です。

とびひが再発しないためには、患部に細菌がはいらないように爪を切り、鼻などの常在菌が多い場所を安易にいじらないように注意しましょう。

とびひのケア商品の選び方

とびひに悩むお子さんの中でも、特にアトピー体質のお子さんはとびひを繰り返す傾向にあります。

しかし、この時期に保湿ケアを行うことでアトピーなどの肌トラブル予防にも繋がりますよ。

そこで、私が新生児を育てていたときに、助産師さんや保健師さんに聞いたり、雑誌やネットで調べて「これはいいな!」と思ったケア方法を紹介します。

  1. 保湿クリーム

    保湿クリームのメリットは、皮膚の保護力が高いため、かゆみがでているような荒れた肌も保護してくれるところです。

    汗を掻きやすい肌でも落ちにくいので、お子さんの肌をしっかりと保湿したいときに使ってあげてください。

    かゆみや赤みが気になる肌を、保湿してくれるおすすめのクリームをランキングで紹介しています。

    おすすめの保湿クリームランキングはコチラ

  2. 保湿入浴剤

    入浴剤のメリットは、汗や体の汚れを湯船でサッパリと流すことができ、全身の隅々にまで潤い成分を届けてくれます。

    皮膚のたるみが多い赤ちゃんやクリームの塗布を嫌がるお子さんでも手軽に保湿できます。新生児の沐浴や、全身の保湿を手早く済ませたいときにおすすめです。

    赤ちゃんでも入れる低刺激成分でおすすめの入浴剤をランキングで紹介しています。

    おすすめの入浴剤ランキングはコチラ

  3. 保湿ローション

    保湿ローションのメリットは、水との相性が良いため、汗を掻いたあとや、お風呂上りでも塗ることができるところです。

    ローションは伸びがいいため、体の大部分をくまなく保湿ケアできます。ムレやすいおしりや夏場のケア、入浴後すぐの保湿に使いましょう。

    子供の肌に潤いを与えてくれるおすすめのベビーローションをランキングで紹介しています。

    おすすめのベビーローションランキングはコチラ

ママによる赤ちゃんのとびひ対策体験談

とびひの子供を持つママのスキンケア体験談を紹介します。

掻きむしった息子の腕はとびひに(Hママ/子・生後4か月)

うちの息子は肌が弱いようで、生まれてすぐからお肌のトラブルが続いています。

そんな息子のお宮参りのビデオには、乳児湿疹で、ブツブツだらけの顔が映っています。乾燥肌で掻いてしまうようで、これもなかなかやっかいです。肘の内側とか膝の裏はもちろんのこと、お腹や背中もカサカサして、本人はとてもかゆいらしく、常にどこか掻いています。

保湿をサボってしまった結果、とびひを発症してしまった

小児科で、診てもらった結果、「保湿をしっかりして、肌のバリア機能を高めるように」と言う指導をうけました。

しかし、赤ちゃんの肌に色々な薬を塗るのはどうかと思い、あえて使用を控えていると、掻きむしった息子の腕はとびひを発症し、炎症があっちこっちに広がってしまいました。慌ててまた小児科に受診に行ったところ、「薬は長期に使うものではないので、湿疹がひどくなった時に集中して使用し、一気に治す方がいい」と再度指導を受けました。

自宅では、しっかり保湿するように言われたので、市販の馬油のローションなどを使用して1週間ほどですっかり治りました。

ひどくなる前に保湿剤を塗ることで、2~3日以内に完治

その後も、たびたびかゆくなってかきむしることがありますが、ひどくなる前や炎症の範囲が小さいうちに保湿剤を塗ることで、2~3日以内に治っています。少し良くなってくると、ついつい薬を塗るのを忘れてしまいぶり返してくることもあるので、少し治ったと思っても続けて塗るように気をつけています。

 

冬は乾燥肌、夏はとびひに苦しみました(Wママ/子・6歳)

赤ちゃんの頃は常に頬が赤く、成長すると関節や体が赤くなりました。

また、さらに成長するにつれてその症状が顔だけではなく、体にも広がり始め、このままアトピー性皮膚炎になってしまうのではないかととても心配になりました。そして、冬場は乾燥が酷く体を掻きむしり、傷だらけになり、夜も眠りにつくまで痒がることが多くて、とても可哀相でした。

特に関節部分が酷く、夏場は掻き毟った傷跡から菌が入ってとびひになるのが一番困りました。

根気よく保湿剤を塗り続けたら、乾燥しなくなった

友人に皮膚科を紹介して貰って受診すると、乾燥肌と診断されびっくりしました。皮膚科に行くまでは乾燥肌とは思ってもいませんでした。そこで「ヒルドイドローション0.3%」と言う保湿ローションを処方され、毎晩お風呂上がりに保湿ローションを塗りました。あまりにも乾燥が酷く掻き毟る部分には、ステロイド剤を塗りましたが、一進一退の状態で、ちょっとよくなったと思ったらまた酷くなりの繰り返しで、いつまで続くのか不安でした。

しかし根気よく保湿剤を塗り続けていると、子供が6歳になった頃にはお肌も強くなり、保湿剤が無くても乾燥しなくなりました。

根気よく保湿剤を塗り続ける事で改善

なかなか治らず、痒がる子供の姿を見るのは本当に辛かったですが、根気よく保湿剤を塗り続ける事で改善されました。私の周囲の友人から、小学生くらいになる頃に、お肌が強くなってよくなったと言う話を何人か聞いていました。

私の子供もそうだったので、めげずに根気よく頑張って下さい。

赤ちゃんのとびひケア商品を選ぶ時の注意点

赤ちゃんのとびひは、肌に余計な傷をつけさせないことで予防することができます。しかし、皮膚が乾燥していると痒みが生じるため、とびひの発症率があがってしまうため注意が必要です。

そのため、常にスキンケア対策を行うことで、赤ちゃんをとびひから守ってあげましょう。

すぐに肌が荒れてしまう子にはファムズベビーがおすすめ
私が色々な保湿剤を自分のこどもに使った結果、ファムズベビーに出会いました。

ファムズベビーは、母子手帳副本にも記載され医療機関などでも推奨されている安心できる保湿剤です。

乾燥肌ケアだけでなくよだれかぶれやあせも、乳児湿疹の予防にも使われています。アレルギーに悩む子にも愛用されているほど低刺激の保湿剤なので、ぜひ一度試してみてくださいね。

実際にファムズベビーを使ってみた様子を写真つきで紹介しています。