乾燥ママ

あざの中には生まれつきのものと、お子さんの成長とともに増えていくものがあります。親としては、将来子供を苦労させるかもしれないあざを少しでも減らしてあげたいですよね。

そこで今回は、赤ちゃんのあざ予防ケア商品の選び方を紹介します。

赤ちゃんのあざをケアする方法

あざの中には、日々の生活を心がけるだけで発生を防ぐことができるものもあります。

紫外線対策をしっかり行うと、メラニン色素が原因で発生するあざの発症を防ぐことができます。また肌のバリア機能を整えると、肌の働きが正常化しあざができにくい皮膚を作ることができます。

保湿肌をつくり肌の水分を保てば、キレイな肌をつくることができますので、できれば毎日続てけいきましょう。

あざケア商品の選び方

あざに悩むお子さんの中でも、特に冬生まれの赤ちゃんはポロポロと皮が剥け、乾燥肌になりやすい傾向にあります。

しかし、この時期に保湿ケアを行うことでアトピーなどの肌トラブル予防にも繋がりますよ。

そこで、私が新生児を育てていたときに、助産師さんや保健師さんに聞いたり、雑誌やネットで調べて「これはいいな!」と思ったケア方法を紹介します。

  1. UVケア

    UVケアのメリットは、紫外線に弱い赤ちゃんの肌を守り、シミやホクロ予防に役立つところです。

    少しの日差しで皮膚が赤くなってしまうような肌の弱いお子さんのケアに使ってあげてください。
    天然成分を利用し、赤ちゃんでも使える刺激成分の弱い市販品をランキングで紹介しています。

    おすすめのUVケアランキングはコチラ

  2. 保湿入浴剤

    入浴剤のメリットは、汗や体の汚れを湯船でサッパリと流すことができ、全身の隅々にまで潤い成分を届けてくれます。
    皮膚のたるみが多い赤ちゃんやクリームの塗布を嫌がるお子さんでも手軽に保湿できます。新生児の沐浴や、全身の保湿を手早く済ませたいときにおすすめです。

    赤ちゃんでも入れる低刺激成分でおすすめの入浴剤をランキングで紹介しています。

    おすすめの入浴剤ランキングはコチラ

  3. 保湿ローション

    保湿ローションのメリットは、水との相性が良いため、汗を掻いたあとや、お風呂上りでも塗ることができるところです。

    ローションは伸びがいいため、体の大部分をくまなく保湿ケアできます。ムレやすいおしりや夏場のケア、入浴後すぐの保湿に使いましょう。

    子供の肌に潤いを与えてくれるおすすめのベビーローションをランキングで紹介しています。

    おすすめのベビーローションランキングはコチラ

盛り上がっているあざは治療が必要

あざの中には保湿ケアだけではどうしようもないものもあります。盛り上がっているあざや、真っ赤なあざ、大きく広がり過ぎたあざはちゃんと病院で治療をうけましょう。

しかし、あざの治療中は皮膚がダメージを受けるため、肌がいつも以上に乾燥します。乾燥は肌トラブルを起こすキッカケになってしまうため、治療中はしっかりと保湿してあげることが大切です。

ぶつけた青あざはビタミンC摂取を

打撲やケガによってできた青あざは、ビタミンCを摂取することで早目に軽快できます。赤ちゃんの場合、ビタミンCを効率よく摂取するためには、ママがビタミンCを含んでいる食べ物を摂取し、母乳を通して栄養を与えましょう。サプリなどを飲ませる必要はありません。

離乳食を開始している場合には、キャベツや海苔、イチゴや柿などを与えると効果的です。

ほくろを増やしたくないなら紫外線対策を

顔や手足など紫外線を浴びる機会が多い皮膚は、ほくろができやすくなります。皮膚の中で紫外線対策として働くメラニンが大量生成されると、ほくろが大量にできてしまいます。

幼少期から紫外線対策をすることで、成人したときの皮膚に差がでてきますので、今のうちからしっかりと対策をしてあげましょう。

バリア機能を高めると全体的に肌トラブルが減る

赤ちゃんの肌をしっかりと保湿することで、肌のトラブルを減らすことができます。肌のバリア機能が強化されると、ターンオーバーも改善し、新しい皮膚がつくられるのを手助けします。

皮膚の弱い子はこれ以上状態を悪化させないためにも、しっかりと保湿を行ってあげましょう。

おすすめ日焼け止めおすすめの紫外線ケア

この「アロベビー」はSPF15と赤ちゃんでも使用できる肌に優しい成分です。

UVケアの他に天然成分を配合した虫除けが一体になっているところです。国産のオーガニック製品で、赤ちゃんの肌に負担のかかる殺虫成分が配合されていません。

赤ちゃんの肌に負担をかける紫外線をカットしたいときに、ぜひ試してみてくださいね。