失敗したくない乳児のスキンケア商品の選び方

乾燥ママ

赤ちゃんの柔らかい肌をケアするための保湿剤や石けんは、できるだけ優しい成分のものを選びましょう。そこで今回は、赤ちゃんの肌トラブルを改善するために失敗したくない乳児のスキンケア商品の選び方について紹介します。

乳児のやわらかい肌をケアする方法

tainaiおしりや口回り、手足など、角質がとても薄い赤ちゃんの肌は、ちょっとしたことですぐにトラブルを起こしてしまいます。またオムツの中や母乳が付着する口回りは、荒れやすく、肌のバリア機能がすぐに低下してしまい、赤くなったり、ジュクジュクした湿疹が発症することも。

普段からケアをしてあげることで、季節や感染症による肌の炎症を軽減させてあげることができます。赤ちゃんの皮膚トラブル別にケア方法を紹介しますので、参考にしてください。

乳児の肌ケア商品の選び方について

全身の湿疹ケア

全体の肌トラブルが気になるときのホームケア方法です。

発疹ケア

乳児湿疹ケア

かゆみケア

新生児落屑ケア

新生児の白い粉ケア

あざ予防ケア

部位別ケア

部分的なトラブルな気になるときのホームケア方法です。赤みや皮が剥けるなど、ちょっとしたことでも気になることがあるのなら早目にケアをしてあげると治りが早くなります。

膝の裏の赤みケア

耳たぶの赤みケア

水虫予防ケア

リップケア

アレルギーケア

赤ちゃんの体質によるアレルギーが原因で発症しやすい皮膚トラブルを紹介しています。これらの病気の原因は明確にはされていませんが、スキンケアをすることで肌のバリア機能を強化し、皮膚からのアレルゲンの侵入を防ぐことができます。

アトピー保湿ケア

蕁麻疹ケア

感染症が原因のケア

他の赤ちゃんや子供から感染しやすいウイルスによる皮膚トラブルのケア方法です。治療後のケアや、再発防止のためのスキンケア方法を紹介しています。

水疱瘡ホームケア

とびひケア

手足口病ケア

突発性発疹ケア

カンジタ予防ケア

水いぼ予防ケア

夏のトラブルケア

夏は赤ちゃんにとって非常に過ごしにくい季節になっています。猛暑を上手に乗り切るためのケア方法を紹介します。

あせもケア

日焼けケア

虫刺されケア

冬のトラブルケア

乾燥が酷くなる冬の時期のスキンケア方法を紹介します。放置しておくとあっという間にカサカサして痒みが出てきますので、予防ケアを続けていきましょう。

乾燥肌ケア

まとめ

生後すぐからスキンケアをすることで、肌トラブルの予防につながります。

どのようにケアをすればいいのかわからないときは、各項目を参考にしてください。炎症が悪化する前に、スキンケアで様々な病気を防いであげましょうね。

子供の皮膚トラブルにおすすめのケア方法

 

ページの先頭へ