お子さんの乾燥肌でお悩みのお母さんへ

乾燥ママ

我が子は生まれつき乾燥肌とアレルギーを持っていた結果、アトピーと診断されました。ですが小学校入学前にはアトピーとは思えないほどキレイな肌に育てることができました。

お子さんの肌トラブルでお悩みの方に、私とうちの子の経験が少しでもお役に立てればと思い、このサイトを立ち上げました。

子供は季節の変わり目や風邪などで体調を崩すたびに、皮膚の状態が悪化し深刻な皮膚病へと発展していきました。この画像は、生まれつきカサカサ肌の息子がわずか生後1カ月で乳児湿疹を発症してしまったときの写真です。

そんな経験から、子供のために調べて実践した乾燥肌対策を紹介したいと思います。

うちの子供の6年間の皮膚闘病生活

生後2か月目で発症した乳児湿疹から約6年間、じんましんやとびひ、アトピーなど子供の皮膚病に悩まされました。子供がどのように発症し、どんな診断を受けたかについて詳しく紹介しています。

うちの子の皮膚病闘生活はこちら

子供の乾燥肌を優しくケアするために

子供の肌がボロボロだと、他人に過剰に心配されることが増え、人目が気になり外出がおっくうになることもありましたし、何を塗っても改善がみられない子供の肌に、嫌気がさしてしまったこともあります。

しかし、諦めずに毎日保湿を心がけた結果、今では何事もなかったかのように子供の肌がツルツルになりました。

まずは、成長度合いが変わる赤ちゃんと子供とでは症状や対処法が違うため、まずは年代別に肌トラブルを紹介していきますので参考にしてください。

赤ちゃんの肌トラブル


生後間もない赤ちゃんの代表的な肌トラブルについて紹介します。
ワクチン接種が必要な感染症からホームケアで改善するトラブルについて解説しています。

赤ちゃんの湿疹と皮膚病の症状

子供の肌トラブル


1歳以降の子供の代表的な肌トラブルについて紹介します。
ここでは子供の肌トラブル症状とケア方法、登園や登校の目安などについて紹介しています。

子供の湿疹と皮膚病の症状

また、どうして乾燥肌を発症してしまうのか疑問に思ったときや、急な肌トラブルを解消するための基礎知識については、コチラを参考にしてください。

乾燥肌の原因や疑問

子供乾燥肌基礎乾燥肌の原因となる環境や体質などを紹介します。まずは、子供の乾燥肌について基本的な知識をおさらいするために、コチラをご覧ください。

子供の乾燥肌の原因について

ケア商品の使い方

子供の乾燥肌のお薬・ケア商品 乾燥肌に処方される医薬品からドラッグストア・ネットで購入できる市販品の紹介、またお子さんの年齢別におすすめのケア方法があります。

子供の乾燥肌のお薬・ケア商品

乾燥肌を改善し、何も起こらない健やかな生活に戻りましょう!

乾燥ママ

子供の乾燥肌が改善すると、皮膚が強く健康的になりますし、何より、ママの心の負担がとても軽くなります。

皮膚の状態が改善したことで、こんな生活が送れるようになりました。

  • かゆみで寝つきが悪い子供が、朝まで寝てくれるようになった
  • 虫刺されで膿んだり、とびひの心配がなくなった
  • 子供に好きな服を着せられる
  • 皮膚科に通院する必要がなくなった

夜泣きもなく、子供のスヤスヤとした寝顔をみていると、親も幸せな気持ちになれます。

子供が健康だと子育てに自信がついてくる!

健康的な生活は、育児が楽になるどころか、子育てに自信がついてくるようになりました。

入浴中に子供の肌がザラザラしていない、夜ぐっすり眠ることができる…そんな、何も起きない「普通の毎日」が、こんなに素晴らしいものなんだなと実感することができました。

また、子供の乾燥肌が改善できたことで、あせもやとびひ、蕁麻疹やアトピーなどの症状が緩和し、皮膚病知らずの肌になることができ、とても安心できる嬉しい毎日を送れています。

毎日の小さな積み重ねで、子供の肌の状態は着実に改善します。今からでも遅くはありません。将来のために、少しずつ子供の健康を作りましょう。

子供の健康的な肌作りは、今から始めよう!

健康的な子供の肌を作りたいと思う反面、病院から処方された強いステロイド治療に抵抗を感じるママも多いと思います。私も強いステロイドを子供の柔らかい肌に塗布することに抵抗を感じ、使用をためらったことが何度もあります。

そして、子供の肌を治すために試行錯誤した結果、健康的な肌を作るためには、症状が現れないうちからケアを続けることが重要ということがわかりました。

いま何のトラブルも起きていない正常な肌を悪化させないためにも、予防を積み重ねていきましょう。

乾燥肌ケアを無理なく続けられるように

乾燥ママ

子供が自主的にケアできるように、楽しみながらケアを続けていきましょう!スキンケアが面倒に思ってしまう理由をもう一度考えてみませんか?

  • 子供が嫌がらないように急いで塗らなければならない…
  • 塗ったあと、衣類につかないように気を遣う…
  • 子供にトラウマを与えてしまい、保湿から逃げ回るようになる…

毎日続けなければ意味がありませんし、子供が嫌がることをしてしまってはどうしようもありません。そこで無理なく続けられる保湿剤を活用し、毎日の育児を楽にしていきましょう。

子供の乾燥肌を改善するために必要なこと

子供の乾燥肌を改善したいけど、どうしたらいいのかわからない…
そんなママのための疑問にお答えしています。

乾燥肌って体質だからどうしようもないんじゃないの?
いいえ、乾燥肌は改善できます。
確かに乾燥肌はアレルギーなどの体質による原因などがありますが、生活環境の影響も少なくないのです。まずは、お子さんが普段過ごしている部屋の環境や、着ている服、洗剤などを見直す時間を作ってみてください。

子供の乾燥肌の基礎知識

子供の湿疹は全て同じケア方法で治るの?
いいえ、子供の肌の症状によってしてはいけないケア方法もあります。
保湿剤にはベビーオイルやローション、クリームなどがありますが、普段は肌を癒すケアでも症状によって悪化してしまうことがあります。まずは、お子さんがどんな状態なのかを詳しく知る必要があります。

乳幼児の肌トラブルの症状と原因

ケアし続けているけど、あまり効果がない気がする…
いいえ、改善するときはちゃんと改善します。
うちの子も以前は、頬の赤みが1年以上とれずに「こんなものなのかな」と諦めていました。しかし、ちゃんとケアを続けると跡も残らずに改善することができました。改善しないままでいると、そのうち患部を掻きこわしてしまうかもしれません。その子に合ったケア方法があるはずです。まずはお子さんの肌ケア商品の選び方を紹介します。

乳幼児の肌ケア商品の選び方

乾燥肌は、すぐに改善できるものではありません。

しかし、肌がキレイになると見た目だけでなく、健康的で元気いっぱいの毎日を与えてあげることができます。しっかりとお子さんの肌をケアし、今日から少しずつでも改善していきましょう。

あなたのお子さんが、元気いっぱいの生活を送れますように。

こんな症状にお悩みではありませんか?

赤ちゃんの膝の裏が赤い

赤ちゃんの膝の裏が赤くなっているとアトピーの炎症を疑ってしまいますが、原因はそれだけではありません。膝裏の炎症の原因を紹介します。

赤ちゃんの膝の裏が赤い原因と症状

赤ちゃんの耳たぶが赤くなる

耳たぶが赤くカサカサしてしまう理由は主にアレルギーや刺激、炎症などがあります。気になる耳たぶの原因ち症状を詳しくみていきましょう。

赤ちゃんの耳たぶが赤い原因3つ

子供の皮膚がブツブツしてきた

子供の柔らかい肌に、細かいブツブツとした色のない鮫肌のような湿疹が出てくることはありませんか?痒みを発生させないためには、普段から皮膚を乾燥させないように心がけましょう。

細かいブツブツとした子供の鮫肌の原因と症状

子供の膝裏が赤くなっている

子供の膝裏が赤くなっていると、アトピーや何かの感染症ではないのかと不安になってしまいますよね。子供の膝裏は皮膚が柔らかく、また擦れやすい部分でもあるので、炎症を起こしやすくなります。

幼児の膝裏が赤い原因はアトピーだけではない理由